無理をして合わせてもうまく行かない年の差恋愛 でも幸せをつかむには、、。

マダムゆいゆいさん

マダムゆいゆいさん
年代:30代
地域:福岡県

社会人学生の日々

20代半ばの当時は介護の仕事をしながら、福祉系の通信制大学に通い社会人学生をしていました。

また実家暮らしで1週間ごとに祖父の介護に泊まり込みなどを行っており仕事もプライベートも大変でした。

しかしやりたかった勉強ができたし、祖父の介護も楽しみながらやっていました。

また休日には大学のスクーリングや勉強をしたり、家族や職場の同世代の同僚と遊びに行ったりして充実して楽しい生活を送っていました。

彼氏の必要性も欲しいとも特に感じず、資格の習得と大学卒業、職場でのキャリアアップを頑張っていました。

同僚たちとピールに行く計画を立てたので、水着姿が見苦しくないようにダイエットも頑張り、無事に水着を着ることもできました。

実家暮らしで遊びに行ってもお金を貯めることもできました。

結婚したい

ある時中学校の同窓会があり、同じ年の子達が結婚して子どもも連れている様子をみてショックを受けました。

結婚していない子もそれなりに大学を卒業して就職してキャリアを築いていて自分は一体何をやっているんだろうと思い始めました。

今やっていることは間違ってはいない自信はある。

でも祖父も親もいつかは私よりも先にいなくなってしまう。

女の方が長生きするからいずれは一人になっても後悔する人生だけは送りたくないと思いました。

キャリアや資格は大卒現役の子より遅れているけれど今着実に積んでいる。

でも20代半ばにもなって彼氏の一人もいたことのないこの状況はどうなんだろうと思いました。

3歳年下の妹は私よりとっくの昔に初彼ができて、もう二人目彼氏と同棲状態でした。

私も結婚はしたい。

ならまず彼氏からだろう。

同窓会でクラスメイトの一人が言った「次に付き合う人が結婚する人かな」という言葉が耳から離れませんでした。

サークルに積極的に参加

願わくばそのまま結婚して家族になれる人がいいので、まずは出会いを増やそうと社会人サークルに積極的に顔を出すようにしました。

朝活や趣味の読書のサークルでセミナーやグループ旅行に行ったり、浴衣での日本庭園でのお茶会にも参加しました。

異性、同性問わず同世代?少し上の色々なお仕事の方と出会えて刺激になりとても楽しかったです。

顔見知りも増えて何人か気になる人もできました。

そんな時職場の先輩から気に入られて息子さんを紹介されることになり、気になっていた幼なじみの男の子に告白しかけて振られて気持ちに整理をつけてから紹介を受けました。

何度かお会いしてそこそこ楽しかったのですが、誘うのは私からばかりで自然消滅してしまいました。

そんな私の初めての彼氏は職場の外部研修であった6歳年下の男の子でした。

偶然隣に座ったのですが私が一生懸命講師の話を聞いて資料にメモしているのに、スマホでバトゲーをしていて目が疲れないのかなと思ったのが第一印象でした。

何かのきっかけで話をしてその子が祖父がお世話になっているショートステイの系列施設に勤めているので親近感を持ったのは覚えています。

研修が終わり帰ろうとするとその子から呼び止められて気になるから付き合ってと告白されました。

しかし私の見た目年齢が幼くて2?3歳年上だろうと思ったそうですが実際には6歳違いでした。

職場もサークルも同年代か年上ばかりでそんなに年下の子とは接点もない私はまずは友だちになろうと話しました。

しかし譲ってくれないので、まだこの半年は実習も資格試験も控えていたので本気なら半年後にまた連絡をしてきてと連絡先だけ交換しました。

その半年後私も悩みましたが再度告白してくれたのでお付き合いすることになりました。

新鮮で楽しい

先輩のアドバイスで同僚など異性を含めたグループで出かけるときは事前に許可をとるようにしました。

年齢はそこそこですが初めてなので色々慣れないことや戸惑うことも多かったのですが、とても新鮮で楽しかったです。

趣味も合う、合わないがありましたができるだけ一緒にやれるようにしました。

私が街でその子が郊外に住んでいたので、ペーパードライバーの練習も一緒にしてくれて無事に乗れるようになりました。

その子の家庭環境が複雑で情緒が不安定だったり、短気だったり、体が弱かったり心配なこともたくさんあったし、私では支えきれないやるせなさを感じたこともありました。

でも初めて私を選んでくれたうれしさと一人じゃないという安心感のようなものを学ばせてもらいました。

関連記事

初めて一目惚れした彼と付き合えた!友達が大好きだった私に、彼氏ができるまで。

転職活動期間中のアルバイトで出会った心にビビッときた恋

じっとしていちゃダメ!出会いは待ってるだけでは訪れない。

大好きな職場では見れない「明るい将来」を運命の彼が見せてくれた

大切な時間を過ごした友達の彼が、私の彼氏になりました

彼氏を作るにはタイミングとチャンスは逃さない事が大事