恋愛無縁だったはずの私が恋!?恋愛ってなんて楽しいの?

まーこさん

まーこさん
年代:20代
地域:北海道

彼氏いない歴イコール年齢って別に普通じゃない?

学生時代からずっと恋愛自体に興味がなく、周囲の女の子達が好きな人が出来ただとか、あの子はあいつと付き合ってるだとか、あいつを好きだけれどあいつは別の子が好きなんて楽しそうに話していても、興味の無い私は適当に相槌を打っているだけでした。

彼氏が出来たからと徐々に疎遠になっていく友達もいたりして。

私はそんな中でも彼氏が居ない歴イコール年齢なんて普通でしょと思い続けていました。

それは学校を卒業したって変わらずで、彼氏という存在がどんなものなのかもよくわからなかったし、付き合って何をするかなんて知識は友人から得たものばかりで。

今思えば恋愛に興味が無いというよりか、単純に当時の私の周りには特別気になる人が居なかっただけなんだなって思います。

成人式を終えて、春

なんだかんだと恋愛無縁で通り過ぎていった学生時代、気付けば二十歳になっていました。

華々しく着飾った同級生の中には、親しそうに一緒に居るカップルがいたり、迎えに来た男性と堂々と唇を寄せ合うカップルも居たり。

周囲の目も気にせずいちゃついてるというのに何故だか綺麗な女の子達が幸せそうに笑う姿ばかり目に入ってきました。

あれ?私このままでいいのかな?ってふと自分のことを振り返ったのがきっかけでしたね。

とはいっても、恋愛無縁で生きてきた手前すぐに好きな人や気になる人なんて思いつかなかったんですけど。

それでも成人式の後くらいから、意識して男性を見るようになりました。

学生時代からしたら大きな進歩です。

このときめきって、もしかして

これがまた予想外なところから恋に発展したんですよね。

今まで意識してこなかったところで、普通の友人関係だと思ってた同級生の男子と成人式の後で大人なやり取りをするようになって。

とは言ってもやらしい意味じゃなくて、友達みんなでお酒飲みに行こうっていうお誘いの話だったんです。

みんなで集まって、乾杯して、楽しく飲んで解散した後、誘ってくれた男子が家までバイクで送ってくれることになったんです。

それがなんと、私を送るためにお酒を飲んでなかったみたいで。

お酒のせいもあってか、なんだかドキドキしました。バイクの後ろに乗って彼にくっついてるのも不思議な気分でしたが私の家に着いた時、ヘルメットを外してくれた彼の顔が近くてまともに見られず、なんとなくこれが恋なんだって気付きました。

だから私の場合は意外にも恋愛無縁だった時代の同級生が初彼氏でした。

恋愛って、たのしい!

学生時代の私は、友達の惚気話やちょっとした愚痴に相槌を打っていただけでしたが、成人を過ぎてやっとその楽しさや悩みの意味がわかりました。

彼との何気ない挨拶でもすごく嬉しくて、ひとつの言葉の意味に一喜一憂したり。

たった二文字の好きって言葉がこんなにも世界を変えてくれるのだと知りました。

もちろん、連絡が無いとなんとなく寂しい気持ちになったり、みんなで集まった時に他の女の子と楽しそうにしてると胸が締め付けられたりもしますが、そんな感情の変化も含めて、恋愛無縁の私からは本当に想像も出来なかったなあとしみじみ思います。

そして何よりも、彼が居ることで理解できることが増えて友達との関係性も深まりました。

彼と居る時も、彼と居ない時も全部含めて恋愛ってたのしいです!

関連記事

【結婚】神様が男と女を作った理由がなんとなくわかった話

素敵な出会いは自分から、出会ったら思いやりと歩み寄り

おひとりさま暮らしも楽しいけど、やっぱり家族が欲しい!

最終的には結果オーライ!勘違いから始まる恋。

今、幸せです!彼氏という存在ができることで成長できたこと。

彼氏ができない!と愚痴っぽくネガティブだった私に彼氏ができるまで・・。