彼氏が欲しい!飲み屋で知り合った男性に人生初の猛アプローチ!

こたつさん

こたつさん
年代:30代
地域:愛知県

【束縛男との別れ】

同棲しの人と一緒にいるようになってからはその時間すら取れなくなっており、

今までの時間を取り戻すかのように友達や家族に会っていたため、

新しい彼氏を探したいなんて気持ちが一切おこりませんでした。

また親からは結婚のことを言われるようになってきており、その束縛男との結婚も考えていました。

それもあって次付き合う人とは本当に結婚を考えないといけないと思うと、やっと自由な時間が手に入ったのにそれをまた失ってしまうのがとても嫌でした。

そんなこともあり次の相手を探そうという気持ちにはならず、独身を謳歌している友達でよく集まり楽しい方への生活へと流れて行ってしまいました。

親の手前上婚活パーティーへは行っていましたが自分に会う人はおらずただ婚活はしているというように見せているだけの生活をしていました。

【周りの出産・結婚】

これまで自分の周りで遊んでいた友達は、仕事をバリバリにこなすキャリアウーマン的な人ばかりでおり結婚はまだまだ先という人がほとんどでした。が、30代目前にして怒涛の結婚ラッシュに入っていきました。

また、結婚しないものの彼氏は作るという人も多く出てきており自分だけ取り残されていくような気持ちになりました。

それだけであればそこまで気にはならなかったと思うのですが、結婚していった友達が妊娠・出産ということを聞くうちに自分も子供が欲しいと思うようになりました。

結婚自体にはそれほど興味はないのですが、子供が大好きなので子供は昔から欲しいと思っており、そうなると結婚しなくてはいけない。だったら彼氏を作らなければいけないと思い、彼氏が欲しいと思うようになりました。

【近所で飲んでて猛アプローチ】

彼氏が欲しいと思うようになってからは、今まで適当に言っていた婚活パーティーに同じような境遇の友達と積極的に行くようになりました。

が、やはり婚活パーティーに来る人で魅力的な人はおらず。

カップリングするものの会う気にはならず数回連絡をとっておしまいという事ばかりでした。

そんな話を近所の居酒屋で友達としていた時に飲みに来ていた男の人とたまたま話す機会がありました。

その時はそれで終わりでしたが、その後も同じ店で会う機会があり連絡交換をして何となく仲良くなっていくうちに二人で映画へ行ったりご飯へ行ったりするようになりました。

会う回数が増えていくにつれ彼の良さがわかっていき、その人と付き合いたいと思うようになり猛アプローチをしました。

苦手だった料理をして手料理をふるまったり、彼の仕事へ行く時間には起きて連絡をしたり休みの日にはいつでも会えるように予定は極力開けておくようにしたりという生活を3か月ほど続けました。

【特に変わらず】

7で出会った男の人と付き合うようになりましたが、特に生活環境は変わりませんでした。

束縛をする人でもなく自由にさせてくれるので今まで通りの生活を送ることができています。

気持ちに関しては大きく変化したと思います。まず子供が欲しいという理由だけで結婚をしたいと考えていましたが、今はそれだけでなく彼と一緒にいたいと思うようになりました。

もちろん子どもが授かれば一番ですがそうでなくても生涯この人と一緒にいたら毎日が楽しくて幸せに過ごすことができるだろうなと思い興味のなかった結婚生活を創造するようになりました。

今まで半同棲の状態をしていましたが部屋も手狭なこともあり引っ越しをすることにしました。

が、きっと今と変わらない生活をお互いに続けていく事ができると思います。

関連記事

最初は友達感覚からの恋。自分のやりたい事と趣味を両立させることができた恋愛

【愛の力!】初めて愛されることの幸せを教えてくれた彼。

【マル秘】社内恋愛で年上の彼氏ができるまで。

そばにいてくれる事の嬉しさ。周りじゃなく自分自身が大人に近づくことの大切さ。

まさか・・これがホントの正夢。夢に出てきた人が旦那だった。

探してみれば、意外と理想の相手は見つかるものだと実感しました。