虚しさばかりの生活が一気に薔薇色に変わりました。

ころんちゃん

ころんちゃん
年代:30代
地域:神奈川県

男運なし

私はとことん男運がなくて、これまで色んな男性とお付き合いしてきたけど、一年も経たずにお別れすることが多かった。

そのうちの一人はコンパで出会った大企業に勤めるサーファーの超イケメンの男性。

男性の猛アプローチで付き合う事になって、私はどんどんその男性にはまってしまい会いたくてしょうがない状態なのに、全然会ってくれない。1日デートはほとんどなくて仕事帰りにちょこっと会ったり、休日は朝からサーフィンだから夕方からちょこっと会う程度。

何だか怪しいと思いながらも付き合っていたら、ある日左手の薬指に指輪をはめているのを見てしまった。

追究したら友達の指輪だとか訳の分からないことを言い出したけどこれはアウトだと思い、その場でお別れすることに。

こんな経験ばかりでどんな男性と付き合って良いのか分からなくなってしまったのが理由です。

1人取り残されるむなしさ

30にもなると周りの友達はほとんど結婚していて子供ができたりと幸せな報告が届き、届く度になんで私は彼氏も居なくて一向に幸せになれないの?と虚しさばかりでした。

挙げ句の果てには私の三才離れた妹が長年付き合っていた彼氏と結婚すると言い出しました。

お姉ちゃんより先に結婚するのは気が引けるけど…と私に気を使って彼氏にプロポーズされていたけどずっと返事をせずに結婚を先伸ばしにしていたようなのです。

この時ばかりは申し訳なさと同時に虚しさは絶頂で、妹にはおめでとうと言いながらも素直に祝えない自分がいました。

そんなこんなで私も素敵な彼氏を見付けて絶対に誰しもが羨むような結婚がしたいと思うようになりました。

結婚相手に相応しい彼氏を探しまくり

これまでにお付き合いしてきた男性は男らしくて俺についてこいタイプのイケメンばかりでしたが、そのような男性と付き合うと私は気を使ってばかりで自然体でいることができませんでした。

もしそのような男性と結婚をしても疲れるばかりで最悪離婚に至ってしまうと思ったので、とにかく優しくて一緒にいて落ち着く男性を探しました。もちろん年収と見た目も大事です。

そしてコンパやお見合いパーティにとことん参加して条件に合った男性はいないかと探しまくり、居ると積極的に話しかけて連絡先を交換しました。

統計上私よりも年上の男性は結婚に向いていない弾かれた男性が多いようだったので、年下の男性をターゲットに探しました。

自慢したくなるほど幸せ

たくさん参加したお見合いパーティで見つけたのが今の旦那さんです。

これまでに付き合ったことがないとてものんびりとしたタイプで最初はちょっと物足りなさを感じることはあったけど、とても私を大切にしてくれてとにかく優しくて一緒にいると落ち着ける存在です。

そして付き合って一年も経たずに結婚が決まり、プロポーズされたときは世界一幸せだと思いました。

これまでのぎすぎすしていた生活は一気に薔薇色に変わり、幸せの絶頂です。

今の私は友達に旦那さんの話をするときが一番楽しくて聞いてほしくてたまらなくなってしまうほどです。

こんなに生活が一気に変わるとは思いませんでした。

旦那さんにはどうして早く現れてくれなかったの?と追究してしまいます(笑)

関連記事

30代にしてやっと彼氏ができて、自分の人生がバラ色です。

別れたくなかったのに別れなければいけなかった彼がいました

間違い電話で彼氏が出来ました。そんな彼が、現在は旦那様!

これが人生バラ色ってこと?ちょっと漫画みたいだけど実際にあった話

何年立っても変わらない。彼が大好きな人生

「ひとり」から「ふたり」になって、また新しい自分に出会える。