大好きな人とともに生きていくことは、自分の人生を豊かにする。

ココさん

ココさん
年代:30代
地域:福岡県

同じことの繰り返しの日々で、新たな出会いがあるわけがない

20代で結婚し、3年ほどで離婚しました。離婚後は生活していくことや、一人で子供を育てることに必死でした。

また、離婚した時にとても傷ついたという過去もあったので、自分にあまり自信がなく、積極的に新しい彼氏を作りたいという気持ちにもなれませんでした。

そういった生活面や心の面での状態も影響して、特別ファッションや身だしなみにに気を配るということもなかったですし、職場が女性が多かったということもあり、男性とのかかわりを極力避けていたと思います。

普段の生活は、家と職場の往復しかしておらず、本当に単調でした。

これらのことが、当時、彼氏ができなかった理由ではないかと思います。

子どもはいつか私のもとを離れていく

子どもが大きくなり、少しずつ手が離れていくにつれて、自分の時間というものがようやく作れるようになりました。

ところがせっかく自分が自由に使える時間やお金を手に入れても、逆に周囲の友達は次々と結婚し、子育てに忙しい時期に入ってしまっていたので、なかなか遊び相手がおらず、寂しい気持ちが増えていきました。

それと同時に子どもが思春期などを迎え、どんどん成長していくのを目の当たりにして「この子もいつか、自立して自分のもとから巣立っていく」ということを考えたときに、このまま一生一人で生きていくことができるのか?というような不安や焦りが生まれ、徐々に彼氏が欲しいと思うようになっていきました。

出会うためには行動のパターンを変えていくしかない

自分の生活を振り返った時に本当に単調で、日々変化がない生活をしていたので、「こんな状態で出会いなんかあるわけない」と気づきました。

まずは、ファッションや身だしなみを整えました。当時長かった髪もばっさりと切ってイメチェンし、ダイエットして8キロやせたのでずいぶんと印象が変わったと思います。

そこから周囲が「どうしたの?何かあったの?」と興味を持ってくれるようになったので、少しずつ「彼氏が欲しい、出会いが欲しい」ということを表現するようになりました。

そして積極的にイベントや友人の集まりなどにも顔を出すようになりその中で男性と出会い、デートをするようになりました。

私も恋愛というものから離れて久しかったので、最初はデート自体もうまくいかなかったのですが、徐々にそういった恋愛の「勘」みたいなものを取り戻し、その中で今の彼氏に出会うことができました。

ありのままの自分を好きになってくれる人がいるということは、自分の人生を愛せるようになるということ

まずは生活がすごく明るくなりました。

今の彼氏は遊ぶことが大好きで、いろんなところにドライブに連れて行ってくれたり、飲みに連れて行ってくれたりと行動の範囲が広いので、自分自身の生活の範囲も広くなり、本当に毎日が充実していると感じています。

また週末にそういった楽しみがたくさんあることで、仕事で多少嫌なことがあってもうまく切り替えができるようになりました。

また、子どものことなどもすごく理解してくれているので、自分がバツイチであるということで後ろめたさや劣等感みたいなものを感じることが少なくなり、自分に自信が持てるようになったと思います。

関連記事

【運命の出会い】彼氏が初めてできたお話

いつ恋に発展するかわからない?彼氏はやっぱりいた方がいい!

オタク女子だった高校生がアルバイトを通じて彼氏ができちゃった話

私にとって必要だったのは恋人を作るよりも友情を育むことでした

赤い糸ってある?運命的な出会いを経験

生活リズムが激変した!彼との出会いで変わったこと。