理想の高い私を、素朴な今の彼氏が幸せにしてくれる

こけさん

こけさん
年代:20代
地域:神奈川県

ジャニーズにハマった中高時代

中学校からずっと大学院まで女子校だったので、異性との出会いの場がまずありませんでした。

中学生や高校生の時に、私の周りでは友達の紹介や合コンが多少はあったように思いますが、私自身は全国大会に出場するような、毎日クラブ活動がある生活をしていたので、出会いもなく、全く彼氏が出来ずにいました。

だからこそ、普段の教室での日常の話題は、ジャニーズがたくさん載っている雑誌を広げて、
あの人がいい、この人がいいと友達同士でワイワイ騒いでいたので、特に彼氏が欲しいという気持ちも強くなかったし、
ジャニーズばかりを見ていたので、理想の男性像が高くなりすぎて、
全く現実的ではなかったことが理由としてあげられると思います。

色気付いた大学生時代

大学生になると、女子大であっても、バイト先の人と付き合ったり、他大学とのサークルに所属して付き合い始める子が出てくるので、そういった話を聞いているうちに自分も彼氏が欲しいなと思うようになりました。

しかし、中高時代にジャニーズにハマりすぎてしまったため、理想が高くなり、
雑誌などを見て異性との付き合い方などのレクチャーも読んだりはしたものの、なかなか理想の相手は現れず、
出会いはたくさんあったのですが、より上を目指し過ぎてお付き合いにはなかなか至りませんでした。

周りにはそれなりの容姿なんだから、付き合えないはずがないと言われたことで、調子に乗っていたということも理由かもしれません。

サークル内で彼氏をゲット

最初からサークルには所属していなかったのですが、大学1年生の秋に色んな他大学のサークルを見に行って、自分の大学の近くにある吹奏楽団に所属しました。

そこでは様々な役割分担があったので、同じ分担をしている同い年の子と連絡先を交換して仲良くなりました。

背はそんなに高くなかったし、地方出身の彼は自分を田舎者と称するほどオシャレでもなかったけれど、その素朴さがどこか安心してしまうところもあって、私も少しずつ惹かれていくようになりました。

私は文系だったけれど、彼は理系だったので、難しそうなことを話すこともカッコよく思えたのかもしれません。

結局彼から告白されて、お付き合いをするようになりました。

彼に尽くしてしまう私

彼は1人暮らしをしていたので、お料理を作ったり、ファッションを選んで欲しいなどと言われていたので、一緒に洋服を買いに行ったりなど、空に尽くす性格なんだなと自分で気がつきました。

私はどちらかというとインドア派で、外で遊ぶことがそんなに好きではなかったけれど、彼はディズニーが大好きな人だったので、彼がディズニーに行きたいといえば喜んで付き合いました。

しかし、旅行などは、私が行きたいと行った場所に彼が付き合ってくれたように思います。

一生懸命貯めたアルバイト代は彼への誕生日プレゼントに奮発したり、彼との旅行代に使ったり、
彼のことばかりを考えていた学生時代だったなと今となっては思います。

関連記事

【恋愛がしたい!】私の生き方を変えてくれた初めての彼氏

彼との同棲!自分の理想に向かって積極的に行動したのが吉でした。

彼氏が欲しくなった瞬間、自分らしく楽しく過ごすことができた

同窓会で彼氏ができた!やっぱり自然体が楽です。今までは無理していたのかも

同じ趣味を持つ彼氏をゲット!仲間が集う音楽サークルで出会った彼

遠距離恋愛で会う時間を大切にできた。私が初めての彼氏と結婚した方法。