大切な時間を過ごした友達の彼が、私の彼氏になりました

きりんさん

きりんさん
年代:30代
地域:岡山県

男性との免疫が全くなかった

初めて彼氏が出来たのは高校を卒業した後のことです。中学校、高校と女子校で過ごした私にとって、男性という存在は日々の生活からとても遠い存在となっていました。

男性との免疫がほとんどなかったので、大学に入学した後どのように男性と会話したら良いのか全くわかりませんでした。

男性と普通の会話をするのもとても緊張しましたし、自分の言動に自信が持てずなかなか男性と仲良くなるのに時間がかかりました。

当時のことを思い返してみると、やはり男性との免疫が圧倒的に少なかったことが彼氏がいなかった最大の要因だと思います。

大学に入学してからというもの、キャンパスに男性がいることに対してとても違和感を感じていました。

一目惚れしてしまった人がいた

私が彼氏が欲しいと思った理由は、一目惚れをしてしまった男性がいたことから始まります。

昔の同級生と再会したことで、そこから新たな人脈が広がっていきました。その新しい人脈の中に、一目惚れをしてしまった男性がいて、その時初めて彼氏が欲しいと思うようになりました。

今まで男性と深く交流をしたことがなかったので、一目惚れの経験すらなかったのですが、今回新たな人間関係が構築されたことにより、タイプの男性と出会うことが出来ました。

その男性と出会った後は、自分のファッションを気にするようになったり、彼の趣味などを知りたくなったりとやはり気持ちの面でもかなり変化を感じました。

なんとかして彼に振り向いて欲しいと思いました。

仲の良い友達から恋人へ

初めて一目惚れした彼に振り向いて欲しくて自分なり頑張って努力したのですが、結果的にはうまくいきませんでした。

初めての失恋を経験してしまい、心身ともにかなり疲弊していたのですが、その時は新しく好きな人を見つけるというよりもただひたすら日々与えられた時間を過ごすのにいっぱいいっぱいの状態でした。

なので彼氏が欲しいという気持ちも薄れていったのですが、その失恋を機に昔の同級生に相談することが多くなり、いつの間にかその同級生との距離がとても縮まっていきました。

そして最終的には仲の良かった同級生が私の彼氏となりました。

そのため彼氏を探したというよりも、いつの間にか一番近くにいた男性が彼氏になっていたという感じに近いです。

日々が充実感でいっぱいになった

彼氏が出来てからというもの、それまでの日々が全く違うものとなりました。

毎日が充実感でいっぱいになって、一人でいる時も何故か一人じゃないような気持ちになり、とても心強かったです。

それまでの生活は学校とアルバイトが主なものだったのですが、それに加えて彼とのデートが日常生活になり、とても多忙を極めるようになりました。

手帳なしでは過ごせないほど毎日の予定がぎっしりとなりました。

彼氏がいることで身なりにも以前に加えて興味を持つようにもなりましたし、デートスポットやグルメスポットにもすごく詳しくなりました。

彼氏が出来たことにより、生きる力のようなものがすごく強くなったような気がします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

未練があって踏み出せなかった、でも勇気をだしてよかった

子どもを産んで育てたい!自然体で子育てをしたい私を支えてくれる夫探し。

彼氏が欲しい!飲み屋で知り合った男性に人生初の猛アプローチ!

理想の高い私を、素朴な今の彼氏が幸せにしてくれる

寂しいと感じたら、彼氏を作って心が安定する幸せを知る

出会いが合コンだっていいじゃない!無理をしてでも外に出なければ、恋は始まらない