「1人」よりも「2人」がいい。彼のおかげで前向きになれた。

 きのこかふぇさん

 きのこかふぇさん
年代:20代
地域:愛知県

男の人が怖い

男性と話すことが苦手だったからです。

私は学生時代、ほとんど女の子と遊びに行ったり会話をしたりしていました。

小学生から高校生まで男性の友人はゼロ。どうやってコミュニケーションをとればよいのか全く分かりませんでした。

中学生のときは、男の子がとても怖かったです。自分に自信がなかったからだと思います。

顔や体形にコンプレックスを抱えていたため、男性から笑われているのではないかといつも自意識過剰になっていました。

彼がいないこと、男性経験がないことに自分でもまずいなと思い始めたのは20歳を超えた辺りからでした。

大学も女子大で、出会いとは全く無縁です。

男性とどうやって知り合って仲良くなるのか、見当もつかずとても悶々とした日々を過ごしていました。

もっと自分に自信を持てばよかったなって今になって感じます。

そろそろ恋人ほしいなぁ

20歳になって、周りの友人みんなに彼氏がいたからです。

友人はみんな綺麗でかわいい人ばかりで、いつもネガティブな気持ちになりました。

私は太っていたため、彼女たちと一緒に男性の話をするときはとても後ろめたかったです。

私はこんなにネガティブで、太っているのに男性を評価できる立場じゃないなぁと。

もう成人をして恋人がほしくなって、自分も彼に見合う女性になるんだと決意してダイエットを始めました。

自信がなくて後ろ向きな女性を誰が好きになるのでしょうか。

前向きでポジティブな女性になるために、内面から磨いて、自分から探さなくても寄ってきてもらえる人になると決めました。

友人も協力してくれて、意志の強さから結果的に痩せることができてとても嬉しかったです。

出会いはどこでも関係ない

行きつけの居酒屋と、マッチングアプリです。

出会いの場はどこにでもあるとおもっています。

私の場合は、マッチングアプリで出会うことが出来ました。

居酒屋では、常連の方を通じて話すようになり、仲良くなっていきました。

マッチングアプリでは、プロフィールの好みより、顔の好みを見つけるアプリだったため、お見合いに近かったです。

お見合いも、相手の写真とプロフィールを聞いて、実際に会うという流れです。

メッセージのやりとりをたくさんするため、実際に会うと恋に落ちやすいと思います。

アプリで探しながら、自分自身も見直しました。男性だけに欠点があるとは限りません。

誰にだって欠点はあります。相手に見合った自分になれるように努力しました。

なんでも前向き、ポジティブライフ

彼が出来て、全部ポジティブに考えられるようになりました。

逆に、自分の体が自分だけのものではないから自分を大事にしなくてはと身を引き締めました。

それは、他の人に浮気するという意味ではありません。

自分に何か危険なことがおきて、悲しむ人が家族の他に、彼がいるということです。

自分を大事にする気持ちが、今まで以上に高まりました。

彼が、大事にしてくれるからだと思います。

生活面では、1人で訪れた美味しいお店や楽しかったことを今度は彼と共有したいなと思うようになりました。

2人で共有すると、楽しさも倍になります。

また、風邪も引きにくくなりました。うつしてしまわないように気を遣っていたからです。

1人で何かを”という考えではなく、2人で何かをと考えるようになりました。

関連記事

女性らしさを取り戻す!彼氏の必要性が分からなかった私も変われた。

オタク集団から、仕事が出来るイケメン集団の中へ

30年間、彼氏が居なかった私に彼氏が出来て結婚に至るまでの経緯。

29歳恋愛経験が少なかった私が、彼氏ができるまで。

面倒ぐさがりな性格なのに、彼氏が欲しいと欲張った結果。

婚活サイトをフル活用!男性が苦手だった私についに彼氏ができた!