あなたが好きという気持ちをとことん伝えてみた結果!

かずちゃん

かずちゃん
年代:30代
東京都

知り合いとしてのカテゴリーどまり

単純に好きかも!となるきっかけを持つ男性がいなかったということと、自分の趣味や楽しみに費やす時間をとても大切してしまい、彼氏を作る為の時間や努力をしていませんでした。

出会う男性の良いところを探そうともしなかったし、男女関係なく出会う人は知り合いとしてのカテゴリーに入れるのみで、そこからの彼氏という存在を意識しませんでした。

むしろガツガツと彼氏を見つけようとしている女友達を見ては、なんだか哀れな気持ちになっていた自分がいます。

自分が哀れに思われることが嫌だったし、それなら趣味に没頭した方が、人生がより豊かになるはずと信じて、彼氏探しを自らすることはありませんでした。

ひとりよりもふたりで

何でもひとりで出来てしまう状況の中で、楽しいことならふたりでやった方が楽しさも2倍になるのでは?という単純な考えから、彼氏がいてもいいのかなと思い始めるようになりました。

もちろん喧嘩などのリスクもあること、彼氏に合わせないといけない状況も出てくること想定しての考えです。

また、一人暮らしをしていると、本当に体調が悪くて動けなくなったときに助けを求められる人が必要だ、とも確信したからです。

必要であれば私を担いで病院に行ける人、と想像したとき、やはり女友達では難しい。

彼氏という存在がいると、力面でいざというときにサポートしてもらえるし、逆に彼氏が助けを必要としているときは、女としてのサポートを供給出来ると考えました。

友達の友達

社会人になってから新たに知り合いを増やすのには、それなりの時間とエネルギーを必要とするので、私は友達の紹介に頼ることにしました。

信頼できる、私の性格を十分に理解している友達だったので、全く合わない!と感じる男性はいませんでした。

簡単なメール交換から始まって、仕事終わりに夕御飯に行く。休日に会ったことはほとんどありませんでした。

限られた時間の中で、お互いの趣味や家族のことを話すうちに、話をちゃんと目を見て聞いてくれること、聞くだけではなく話してくれること、等今まで気にも止めなかった仕草に目がいき、自分でも信じられない程、話している相手へ好感を持てました。

それと同時に、興味がある=好きかも!という方程式は正解であると確信しました。

うまく波乗りをすること

楽しさは2倍になり、むかつくことも2倍になりました。スケジュール面では、ひとりでやれていた簡単なことも、ふたりになるとそう簡単ではなくなります。予定を会わせることも必要だし、時には妥協することもあります。

ですが、社会人としてお互いをリスペクトし、ひとりの人間として認め合える関係がある現在、自分の自信に繋がっているのは確かです。

仕事面は、ひとりの時よりもストレスが減った実感があります。

良いときも悪いときも、味方として支えてくれる存在はとても大きいです。我慢していることもわすれてしまうくらいの大きなサポートになっています。

生活のリズムはもともと似ていたので、その点では問題はありません。

関連記事

背伸びしなくてもいいんだ!姉と比較して生きてきた「陰」の人生から解放されて、でき...

【アラサーの婚活】彼に出会えて良かったことがいっぱいありました!

始めたのは婚活活動!過去を引きずっていたけど現在は今を生きている!

【婚活者必見】思わぬところに出会いがありました。

運命の赤い糸ってあるのかな?と思うほどに、気の合う人と出会った!

彼氏いない歴ウン年に私の、突然始まる恋の方法。