恋愛対象と思わなかった彼との恋愛に、毎日がキラキラする!

カピバラさん

カピバラさん
年代:30代
地域:香川県

自信が持てない自分

もともと、人見知りで男性と話す事が少なかった為か自分から積極的に恋愛することがありませんでした。

自分の体型や見た目はお世辞にもキレイ、カワイイとは言えず自信が持てなくて、それが余計に積極的になれない理由でもありました。

好きになった人もいますが、その彼はもうすでに他の人を好きになっていたり、うまく自分の気持ちを伝えられなかったりしていました。

どうせ、私には彼氏なんかできない。彼氏なんて必要ないんだ。と、自分に思い込ませ卑屈になっていたところがあったのかも知れません。

いつしか、女友だちといれば楽しいし自分を無理に作る必要もないので、彼氏を無理に作ろうとは思わなくなっていきました。そんな私に、彼氏ができるまでの話です。

彼氏を作るきっかけ

仲のいい女友達が私には5人いました。

いつもご飯を食べに行ったり、カラオケに行ったり…何をするにも一緒でした。

そのうちの一人には高校生からずっと付き合っている彼氏がいました。

はじめは羨ましいとは思っていましたが、私には無理だと半ば諦めていました。

けれど一人、また一人と友だちに彼氏ができていき、気がつけば私一人彼氏ができず友だち同士の会話も彼氏の事ばかり。

いい加減、好きな人くらい見つけないと…と、さすがに焦りを感じ始めました。

気がつけば20代後半、そろそろ相手を見つけないとこのままでは私一人が結婚も出来ないのでは?と思い始めました。

焦れば焦る程、自分の事だけでなく仕事でもミスをしたり気持ちにも余裕がなくなっていました。

友だちからはじまる恋

昔から年上の男性が好みだったので、年上以外は恋愛対象外と思っていました。

その頃、趣味で集まる男女のグループがあり趣味以外でも遊びに行ったりしていました。

その中の一人の男性が私の友だちと付き合うようになりました。

しかし1年後、その子と別れてしまい、趣味のグループも解散状態。

しばらく、その男性とも会わなくなりました。ふとしたきっかけで、メールのやり取りをし、ご飯でも行こうか?となり会うように…。

私は一人の友達としか思っていませんでした。

それがだんだんと、一緒にいて楽しい。次はいつ会えるのかな?と考えるようになり、自分の気持ちに気づきました。

彼も同じ気持ちだったようで、彼氏彼女として付き合うようになりました。

毎日がキラキラ

毎日が楽しくて仕方ないとはこの事だったのか、と思うほどそれまでの生活がキラキラして見えました。

会えない日々も、自分を磨くために努力したり彼からの返事を楽しみに待っていたり。

周りの人達も驚くぐらい、劇的な変化がありました。

自分自身でも、前より優しくなったなぁとか気持ちに余裕ができたなぁ、相手のことを思いやれるようになったなぁと感じる程です。

何をするにも、やる気に満ち溢れていました。もちろん、仕事もそれまで以上に成績を上げました。

また、友だち同士でも彼氏の話で盛り上がったり職場の先輩には彼氏との悩み相談をしたりして、前よりも交友関係が広がったと思います。

全てにおいてプラスになったのではないかと思います。

関連記事

【私の体験談】中学生で初恋!甘酸っぱい恋の話

ネットでの出会い!普通の恋愛ではないけど、自分にとっては唯一の最高の恋愛。

女性は追うよりも追われる恋愛がいい。本当の幸せな恋愛について。

【恋愛の方法】恋愛を発展させるために最も重要なのはタイミングである

「こんなに好きになった人今までいない」片思いは実らなかったけどもっと近くに運命の...

彼氏ができて思っていたよりも幸せになったこと