劣等感のだらけだった私。ルックスに自信がなくても彼氏ができるのだ!

かきのみりこさん

かきのみりこさん
年代:30代
地域:三重県

自分のルックスに劣等感を抱いていたから

私は子どもの頃からルックスに難があり、見た目を理由にいじめられていました。

あだなはブスをもじったものがいつも付けられていて、自分はブサイクなんだと思っていました。

そのため子どもの頃から自分に劣等感を抱いてしまい、高校生でいじめてきた同級生と離れてもその劣等感を背負ったまま生活していたことから男性にとっては魅力のない女性に感じられたのだと思います。

一応劣等感を解消しようとして大学生以降はメイクをしたりメガネをコンタクトレンズにしたりダイエットも頑張って5㎏程度痩せたのですが、それでも自分は周囲から見ればブサイクだという思いは消えず彼氏はできないままでした。

同じレベルのルックスの友人に彼氏ができたことから自分も欲しいと感じました

ルックスに劣等感を抱いたまま大学生になったのですが、大学1年生の途中でたまたま会った高校生時代の友人から衝撃の告白をされました。

何とつい最近人生で初めての彼氏ができ、楽しくやっているということでした。

高校時代はルックスが自分と同じように難がある女子生徒数人と仲良くしていたのですが、まさかその中の友人に彼氏ができるとは思っていませんでした。

確かに彼女は大学入学後は私と同じように見た目をよくしようと努力していたのですが、まさかこんなにも早く彼氏ができるとは思っていもいませんでした。

よって自分にも彼氏ができる可能性があると期待して、彼氏が欲しいと思うようになりました。

友達に頼み込んで男性を紹介してもらいました

大学に入ってから高校時代の友人に彼氏ができたのが驚きだったのですが、もっと驚いたのは高校時代に一緒にいた数人皆彼氏もしくは彼氏になりそうな男性がいたことです。

気づけば自分だけが彼氏がいない状態になっていて焦りを感じましたし、逆に言えば友達に彼氏がいるのだからその彼氏の友人などを紹介してもらえたら彼氏があっさりできるのではと思うようになりました。

その後は個別に男性を紹介してもらったり、あるいは合コンをしてもらったりして知り合いの男性が増えた結果気になる男性が現れました。

相手の男性も私のことが気になっているということでデートをするようになり、最終的には付き合うようになりました。

ルックスの劣等感は感じなくなりました

彼氏ができたからといってルックスに変化が起きたわけでもなく、相変わらず劣ってはいました。

しかしルックスがよくなくても彼氏はできるのだということがわかって、それ以降はルックスに劣等感を持たなくなりました。

そのせいなのか以前は少々おとなしく暗かった性格も明るくなったようで、高校時代からの友人たちが一緒にいて変化を感じたと言っていました。

またそれまで大学にはほとんど友人がいなかったものの、彼氏ができて以降は自分が明るくなったということもあってか友人がかなり増えてそれ以降楽しい大学生活を送ることができました。

これもひとえに彼氏を紹介してくれた友人たちと彼氏のおかげだと思いました。

関連記事

話す時間が楽しい!共に未来を思い描くことのできる人との出会い。

看護学校・女子寮という女子の世界から飛び出して彼氏を見つけました!

【運命の出会い】地味な青春時代の後に手に入れた初めての彼氏

オタク女子だった高校生がアルバイトを通じて彼氏ができちゃった話

オタク集団から、仕事が出来るイケメン集団の中へ

言い訳ばかりしていた自分を変えたら本当に素敵な人と出会えました。