力が抜けた時に出会えた人生を共に歩んで行ける人

いちごちゃん

いちごちゃん
年代30代
地域:群馬県

恋を失った傷が癒える頃

当時、5年付き合った彼と別れて半年が過ぎようとしていました。

その彼は少し年上でとても頼りになる人で、私の20代は彼が全てでした。遊び方もお酒の飲み方も大人のたしなみを全て教えて貰いました。

しかし、その彼との結婚はどうしても自分の中で考えられず、愛情に変わりはなかったけれど、先へ進む為にお別れしました。

毎日泣いて、後悔もしたけれどここで戻ったらまた同じことの繰り返しと喝を入れて新たな出会いを求めるために行動を開始しました。

友達に紹介してもらったり、婚活パーティーに参加してみたり、合コンに参加したり、、、とにかく出会いの数を増やそうと色々と足を運んでみました。

だけど、出会う人出会う人元カレと比べてしまい恋愛に発展する人はいませんでした。

焦るアラサー

30代が目の前に迫って来た頃でした。

何となく自分の中で30までには結婚していたいと言う思いがありました。

周りの友人の中には子どもが何人かいてと言う子もおりました。

20代半ばの頃は子どもがいる友人と遊ぶと、自由がなくて可哀想…。

とかお酒も飲めない、夜遊びも自由に出来ないなんてつまんないな〜とさえ思っていました。

しかしアラサーになり彼氏もいないという状況になったら急にとてつもない不安に襲われました。

このまま一生結婚出来なかったらどうしようとか、子どもは絶対に欲しい!!

だけど現実問題子どもを産むにはタイムリミットがある!と考えると本格的に将来を考えないとまずい!と焦り出してきました。

気楽な出会い

彼氏を作らなきゃと焦り出してから沢山合コンをしたり出会いの場に出かけたりと行動をしてきました。

しかし、恋愛に発展するような出会いはなくどんどんやさぐれて疲れて行きました。

今はそんな時期じゃないのかな?もうしばらくはお休みしようかな?と思っていた頃、友人からBBQに誘われました。

正直めんどくさいな〜とも思いましたが、せっかく夏だからパーっとBBQを楽しもうかな!と出会いなどは一切期待せずに参加をしました。

総勢10人以上のBBQでした。

男性陣をさらっと見て自分のタイプな人は居なかった為、彼氏を作るとかではなく単純に楽しもうと思い、ありのままの自分で過ごしました。

それが良かったのか、私のことを気に入ってくれる人がいました。正直私は全くタイプではなかったし、興味もありませんでしたが、今は彼氏も居ないしと思い何度かデートを重ねました。

すると今までに出会ったことの無いタイプの彼にどんどん惹かれて行く自分がいて、お付き合いすることになりました。

与えられる恋愛から平等な恋愛へ

私はこれまで与えられる恋愛をしてきました。

お付き合いした方には色々して貰うのが当たり前でした。

しかし、彼との恋愛は彼があまり女性にも慣れて無かったからかこれまでの恋愛とは全く違うものになりました。

だけれども、そのおかげで私もしてあげるとこの喜びを知ることが出来ました。

純粋な彼とお付き合いしたおかげで、小さな事にも喜びを感じるとこが出来るようになったし、派手な遊びはないけれど、日常の中で楽しい!幸せ!を見つけるとこが出来るようになりました。

これまでとは違い、一緒に成長する、一緒に生きていくと思えるようになりました。

彼に頼ってばかりでなく、自分は自分で自立した上で共に生活をして行くと将来をハッキリと考えられるようになりました。

関連記事

自分らしく生きよう!過去の失敗ばかりを気にしていないで、前を向こう!

【恋愛を楽しむには】自分次第で素敵なデートができる!

男友達には言えるのに彼氏には本音が言えない。恋愛に発展させることに臆病になってい...

自分らしく生きていく!思っていたより身近なところにいた運命の相手

運命と思ってた私がバカ!出会い15歳、別れ20歳

他の男性にキープされていた私を心配していた彼