彼氏ができる前とできた後での気持ちの変化

ひろさん

ひろさん
年代:30代
地域:長野県

本当にこの人でいいのか?

本文 当時、彼氏がいなかったのは、自分の気持ちによるところが大きな理由です。

友達の紹介で知り合った人で、よく遊びに誘ってくれる人はいましたが、付き合ってはいませんでした。なぜその人と付き合っていなかったかというと、当時、年齢が20代最後に近づいていて、自分の中で30歳には結婚したいなという気持ちがずっとあったので、次に付き合う人は結婚する人だと思っていました。

しかし、そのよく遊びに誘ってくれる人で、本当にいいのかな?という疑問があったので、毎週のように遊びに出掛けていて、一緒にいて楽しいなという思いはあったのですが、付き合うまでにはいたりませんでした。

また、他にもいい人がいるのではないかと思ってずっと探していたため、彼氏ができませんでした。

将来に対する不安

本文 彼氏が欲しかったのはなぜかというと、子供が早く欲しかったのと、仕事をやめたかったというのが大きな理由だと思います。

そのためにはまずは結婚しなければ、その前に彼氏を作らなければなりません。

付き合っている人がいたときにはなかったのですが、別れたとたんに将来に対する漠然とした不安が襲ってきたり、嫌なドキドキが増えてきました。将来の自分が想像できなくてどうなってしまうんだろう?と思っていたからです。

周りがどんどん結婚していって、焦りがあったり、彼氏がいる友達がうらやましいと思ったり、親からの無言のプレッシャーがあったりもしたので、早く彼氏が欲しいとずっと思っていました。

合コン三昧

本文 まずは友達に合コンを開いてもらって、その合コンに参加しました。

そして、そこで知り合った人たちと連絡先を交換しました。

その合コンで気になる人がいなかった場合にも、連絡先を交換した人と連絡を取り合って、今度は自分の主宰でまた次の合コンを人を変えて開きました。

自分の主宰でなくても、誘ってもらった合コンにはなるべく行くようにしました。

多いときには、3日連続合コンをした時もありました。

そうやってどんどん繋がっていくことで多くの人と出会い、そのなかでいいなと思ったり、誘ってくれる人がいたときには、その人と2人きりで遊びに行ったりしていました。

そのようにして彼氏を探していきました。

不安がなくなった

本文 彼氏ができて一番大きかった気持ちの変化は、やはり将来に対する漠然とした不安がなくなったということです。

その彼氏とは最初から付き合ったわけではなく、ずっと遊んでいてそれから付き合うようになったので、付き合い始めのころからすでに結婚の話が出ていました。

そのため、将来どうなってしまうんだろう?という不安がなくなり、不安や焦りが一気に解消されました。

生活などの環境の変化としては、出会いを求める必要がなくなったので、合コンに行くことがなくなりました。

正直、仕事をしたあとに合コンに行くのは疲れるので、それがなくなったことで、家でゆっくり過ごす時間が増えて、心も体もリラックスできるようになりました。

関連記事

交際歴最長半年のメンヘラ、ついに身を固める。

恋愛観を見直してみた。バイト先は彼氏を作りやすいと聞いたけど・・。

職場で知り合ってどんどんそういう仲にまで発展

趣味から出会ってわたしの人生を幸せにしてくれたステキな彼氏の存在

こんなに幸せになって良いの?この人と結婚するような気がするという直感が降ってきた...

始めたのは婚活活動!過去を引きずっていたけど現在は今を生きている!