スペックに気を取られ続けた5年間からの卒業 普通の幸せが一番の幸せ

へっぴぃなっつさん

へっぴぃなっつさん
年代:30代
地域:神奈川県

夢追い人との別れ

当時(25歳)結婚したい思ってた彼(27歳SE職)がいました。

交際は2年を過ぎてそろそろ具体的な話もし始めた頃でした。

彼の実家にも遊びに行き、彼女と紹介されてとても順調に進んでいると思っていました。

当時の私は結婚は25歳でしたいと考えており、少し焦っていたのかもしれません。

彼はサラリーマンとダンサーを掛け持ちしており、夢はスニーカーなどを作る職人になる事。

当時の仕事には不満があり、辞めたいとよく話していました。

私が結婚する条件として、働いている事。これは譲れませんでした。

彼が本格的に仕事を辞めようとした際に、結婚について本気で考えているのかを聞いたところ、帰ってきた答えは、待ってほしい。でした。

できればすぐにでも結婚したかった私は彼の曖昧な返事と、いつまで待つのか分からない状態に嫌気がさして別れることにしました。

もともと現実主義ではありましたが、彼との一件で、より一層現実主義、肩書き重視になっていったと思います。

別れた後は、色んなコネ作ろうと合コン三昧でした。

しかし合コンに来るハイスペックな男性はひと癖ある人が多く、いつしか合コンは恋人探しから、ただの飲み会となっていきました。

25歳から26歳の1年間はそんな感じであっとゆうまに過ぎていきました。

知り合いから告げられた、卵子のピークの話。

合コン三昧で毎日楽しかったので、いつしか彼氏が欲しいと思わなくなっていきました。

ある日、知り合いのおじさん(50代)と飲んでいた際にハッとする出来事がありました。

卵子のピークは25歳。

それを聞いた時は、セクハラ甚だしいと少しイラつきましたが、後からジワっとくる言葉でした。

そもそも25歳で結婚したかったのは、早く子供を産んで家庭を築きたかったからです。そのことをすっかり忘れていました。

当時26歳だった私は、今日現在から子供が産まれるまで一体どのくらいの時間がかかるのだろうと計算してみました。

今日彼氏ができたとして、結婚するまで1年半(28歳)

子供が半年くらいで出来たとして、産まれるまで10カ月。(30歳)

上手くいっても子供が産まれるのは30歳ということに気づき、早急に彼氏というか結婚相手を探さなければならないと思うようになりました。

求めているうちはうまくいかない現実。

婚活のスイッチが入った私(26歳)は、これまでペースダウンしていた合コンに力を入れ始めました。

それもハイスペック限定。

不動産業界縛りや、商社縛り、電通縛りなどなど。

さすが名の知れた会社に勤めている人たちなので、全てがスマート、とはいかなくても、なかなかの豪華な男性達と合コンを重ねていきました。

しかし、その頃仕事もかなり忙しくなってきて少し息切れしていた12月頃です。会社の先輩から飲みに誘われました。

この先輩は彼女持ちで、その彼女は私も知っており、完全に可愛い後輩扱いです。もちろん私も期待は一切しておらず、いつもの仕事帰りに一杯いくか、的なやつでした。

お店に着くと先輩の目の前には知らない男性が。聞くと、小学校時代の幼馴染との事で、聞いたことのない会社にお勤めの方でした。

お世話になっている先輩の幼馴染ということで、私も安心して楽しく過ごし、その日は終わりました。

その翌日、その男性から連絡が。悪い人では無かったし、先輩の幼馴染という事もあり、適度に対応していました。

そして暇な私はクリスマスイブもその人と過ごす流れになりました。

特にロマンチックな事件は起きませんでしたが年明けに猛烈に告白され、まー、とりあえず付き合ってみようという軽い気持ちで付き合う事になりました。

背伸びしなくてよかった。

彼氏ができたのでもちろんデートに出かけます。

彼は本当に普通の人で、むしろ少し下品でした。

デートはそこまで豪華ではなく、ケチるところはケチる。それを見栄を張らずに普通にする人でした。

私の前でオナラもするし、関西人だからなのかお母さんの面白エピソードや自分の下品な失敗談なんかも楽しそうにはなしていました。

しかしその普通で少し下品な感じが意外にも心地よく、付き合っていくうちにどんどん好きになっていきました。

半年を過ぎた頃には、この人と結婚したら楽しいなーと思いを巡らせるほどでした。

もしハイスペックな人と付き合っていたら、毎回背伸びしてこんなに楽しめなかったと思います。

彼と付き合って、私のハイスペック病は次第に薄れていったのでした。

関連記事

【遠距離恋愛】仕事に追われる毎日が、恋愛で仕事もプライベートも充実

学生時代はメガネでニキビ顔でモテなかった私

少女漫画のよう!男に無頓着な女が、女から女性に生まれ変わる物語!

不幸アピールが効いた?彼氏との別れで失意のどん底を経験

【男性恐怖症の克服】母の死など辛い過去を乗り越え掴み取った幸せ

【恋愛適齢期】寂しさと恋は間違いやすい