食事会での出会いこじらせ女のこだわりすぎた恋愛の結末は、案外シンプルなものだった!

はるさん

はるさん
年代:30代
地域:東京都

とにかく何もかもめんどくさかったの

あとは見た目とは裏腹にとても人見知りで初対面の人と会うと極度に気を使いすぎて疲れてしまうのであまり交友関係を広げるにも積極的ではありませんでした。

同じ時期に10年来仲が良かった女友達との仲がある出来事をきっかけに壊れてしまったこともあり、人が信じられなくなっていたのも原因の一つだと思います。

30歳を超えていたので次に付き合う人は結婚を意識していました。

理想が自分には普通でも周りからしたらそうゆうう普通の人はもう結婚してるよ、とか言われていました。

自分のことを好きになってくれる人ならだれてもいいと言いながら、自分が新しい環境に一切飛び込もうとしていませんでした。

彼氏が欲しいというよりかは結婚相手が欲しかった

とにかくそこらへんにいるフリーな人に恋をするなんてことは考えていませんでした。

だって私は結婚を視野に考えてくれる彼氏が欲しかったんです。

でも次に付き合った人と結婚したい?なんて仲の良い友達しか聞けず、、、

20代の頃は相手がきれずにいたのでいつでもできると自身があったのに2年、3年と何もなくただ毎日が過ぎていくのを感じ焦りはじめました。

フリーはフリーで楽しかったけど、友人がどんどん結婚していって出産してままになって、、私が遊ぶのは私と同じ独身女か20代前半に出産経験して少し子供が手を離れてきたママさんたち。

もちろん家族の話や彼氏の話も聞くけどだんだんフリーでいることに不安になってきてとりあえず、期間を決めて動いてみようと思いました。

今の環境から少しでも出なきゃ何も変わらない

でもお見合いサイトとかで相手を探す勇気はなかった。

お見合いはできないけど、ちょっと出会い系サイトで初対面面倒くさがり症を克服しようと思いました。

そこですぐに登録。彼氏を見つける。

というわけじゃなく健全に話したりご飯食べれたりできそうな普通な人と二人会ってみました。

2、3時間ご飯食べて話して。。

初対面だし向こうはすかれようとすごく優しい態度で接してくれたけど私はとりあえず第一段階の動き出すというミッションを制覇して恋愛モードではなかったけど、久しぶりに女として扱われていることにだいぶ勇気と自信をもらって帰ってきました。その二人とはもちろん何もなく。

だいぶアクティブになってきた次の日にたまたま友人が声をかけてくれた食事会で今の彼と出会いました。

きっとただ食事をしただけの二人に女であったことを教えてもらったのかと思います。

彼氏ができたら得るものと失うものがあった

本当に仕事以外自分のためにしか時間を使ってこなかった約3年間だったので休みの日が彼とかぶることで自分のダラダラできる1日がなくなってしまった。

でも付き合う前と比べたら心の余裕は全然違うと思う。

自分のことを大切に思ってくれてる人が家族、友人以外にいるっていうのはすごく安心感がありました。

一人でいることが好きな私でもやっぱり、何か寂しいと感じていたのかもしれません。

それが彼ができることによって一人の時間が減った分さらに大切に過ごそうと思いました。

あと、友人に綺麗になったねと良く言われるようになったのは嬉しかったです。

彼が大食いなので私もぶくぶく太り中ですがぽっちゃり好きな彼なので何も言われなく楽しく生活しています。

関連記事

彼氏ができて、女子力が上がった!運命の人とは他の人と感じるものが違ってくるもの。

内向的な私の社交レベルが上昇!?先輩のおかげで彼氏ができた話。

恋愛は自分を変える!男性恐怖症を克服し自ら告白した体験談。

【体験談】肉食系女子が肉食系男子を吟味する方法

人見知りでシャイだった私が彼を作る為に

友達から彼氏に変わる?彼氏はいきなり現れる!