周りの状況に焦り積極的になったら世界が広がった。

はるさん

はるさん
年代:20代
神奈川県

女子ばかりの学生生活

中学校から女子校だったので校内で自然と恋愛が始まる環境ではありませんでした。

また中学に入りたての頃はまず友達作りからという感じで新しい環境に慣れることに必死だったので恋愛というのがそもそも頭にありませんでした。

周りも彼氏がいる子などほとんどいなく、男性アイドルのファンなどが多く盛り上がっていたので私も焦りや危機感などもなく彼氏がいないことが普通だと思っていました。

中高一貫だったので高校生の先輩方もいるのですが、その人達が彼氏の話をしていたり待ち合わせしていたりするのを見ることはありました。

どこかで高校生くらいになれば皆彼氏とかできるんだな私も出来るだろうなと軽く考えてました。

なので中学の頃は自ら動くこともなく女子だけの学校生活を楽しんでいたので彼氏など出来ず時間が過ぎていきました。

久々に会った地元の友達

女子だけの生活に慣れてきた頃、久しぶりに地元の男友達と会う機会がありました。

そこで地元の中学の恋愛事情に驚かされ始めて戸惑いと焦りを感じました。

小学生の時には男女関係なくわいわいと遊んでいた皆が恋愛をし彼氏彼女になっているという現実を聞き、私だけ小学生気分のままだったんだと置いていかれた気分でした。

「好きな人いないの?」「一回も付き合ったことないの?」と驚いたように聞かれたことに当時とっても恥ずかしくなったのを覚えています。

元々好きな人はいましたし男性に興味がなかったわけではないのですが好きだなという気持ちのままそれだけで満足していた自分が一気に子どもな気がしてきてしまったのです。

この日から少しずつ焦り、この人が好きだから付き合いたいと自然に思ったのではなく、皆が恋愛をし始めているから私もしなきゃという思いで初めて彼氏が欲しいと思うようになりました。

積極的に交流関係を広げる

校内恋愛は出来ないので新しい出会いを作るために色々な場所に飛び込んでみることにしました。

合コンや他校の文化祭、バイトなど様々な場所でたくさんの人と関わっていきました。

女子校で少しずつ女だけの場に慣れてきてしまっていまので始めは男性と話すことに少し緊張することもありましたが、色々な場所にいきたくさんの人と話すことで少しずつ男女がいる空間への慣れを取り戻していきました。

最終的に彼氏となった人との出会いは高校生が運営するイベントでした。

女友達の先輩だったので初めから安心して関わることができ友達も協力してくれたので無事付き合うことができました。

交流関係を広げる時に��彼氏を作る�≠ニ決めず、��友達をたくさん作ろう�≠ニ男女問わず知り合いを増やしていました。

そのことが後々初めての彼氏と出会い付き合うことに繋がったと思っています。

気持ちの幅が広がる

初めての彼氏に分からないことだらけでしたがとりあえず嬉しさと幸せだなという気持ちでいっぱいでした。

友達の恋愛トークにも「私はね?」と参加することができ私も恋愛してるんだとその事実にも嬉しくなるくらい舞い上がっていたと思います。

その反面不安になることや寂しくなることもありました。今まで感じたことのない寂しさや心配になって携帯ばかり見てしまう自分にこんなに弱かったのかと落ち込むこともありました。

プラスにもマイナスにも今まで存在しなかった新しい感情がたくさん出てきてこれが恋愛なんだと感じました。

少しでも可愛くいたい好きになってもらいたいと思い身なりにも気を使うようになっていたと思います。

様々な感情が私の見た目も中身も変えてくれたと思います。

関連記事

こんなに近くにいた!意外と身近な所に自分を思ってくれている人がいるかも。

付き合う彼を厳選しすぎた!でも目が行く男性というと

勇気を持って!一歩踏み出すことが大切だった!

無駄な経験はない!すべては自分に一番合った人に出会うためである!

27歳まで、彼氏いない歴=年齢でいました。そんな私の恋愛の話。

仕事も恋愛も全力で!恋愛をしていると仕事も頑張れる