自ら行動したことで、大好きな彼氏を見つけることができました。

花子さん

花子さん
年代:20代
地域:静岡県

田舎在住。職場と家の往復で出会いがない

就職すれば自然と出会いがあると学生の頃は思っていましたが、実際は職場と家の往復でした。

私は田舎在住の為、電車通勤ではなく自家用車で通勤が基本です。

仕事が終わったら自分の車に乗り込み、そのまま家までまっすぐ帰るだけの生活でした。

大きい会社に入ればまだ違ったかもしれませんが、小さな家族経営の会社に就職したので、従業員数も数名程度。

一番年齢が近い人でも10歳上で、入社しても同年代の人は1人もいませんでした。

彼氏どころか好きな人もいない、好きな人どころか気になる人もいない、そして同年代の人もまわりにいないという状況でした。

とにかく出会いがなかったのが、彼氏がいなかった一番の理由だったと思います。

仕事が大変で癒しが欲しい!

新卒で無事正社員として採用されましたが、とにかく仕事が大変でした。

人手不足だし、覚えなければならないことはたくさんあるし、苦手なことも仕事だからやらなければいけませんでした。

人間関係も大変でした。いろいろな人の顔色を伺いながら仕事をするのは結構疲れてしまいました。

毎日、仕事で疲れて、家に帰ってダラダラして寝て、次の日また起きて仕事に行って…の繰り返しでした。

特にこれといった大きな趣味やストレス解消法もなく、ストレスだけがたまる一方。

そんなとき、私は「癒しが欲しい」、そして同時に自分も、「同じような誰かを癒してあげたい」と思いました。

好きな人ができて「付き合いたい」と思ったことはありましたが、私は今まであまり「彼氏が欲しい」と思ったことはありませんでした。

でもこの時私は「お互いが癒しの存在になれるような彼氏が欲しい」と強く思いました。

紹介もお願いしてみたけれど…いざ、街コンに

「やはり好きな人を作らないことには彼氏はできない」そう思った私は行動にうつすことにしました。

最初に考えたのは「友人の紹介」です。

でも、友人もやはり自分と同じようなタイプの人が多かったため、「紹介できるような人がいたら自分が付き合っているよ」という答えが返ってくることがほとんどでした。

違うタイプの友人は男性を紹介してくれましたが、やはり自分とは違うタイプで、お互い少し違うなという感じになり疎遠に…。

友人と近況報告がてらランチすると、同じように考えている友達が多くいました。

そこで、その中の友達のひとりと「街コン」に行くことにしました。

いろいろな男性と話すことができ自分がどういうタイプなら話しやすいかもだんだんつかめてきて、

10人ほどと連絡先を交換することができました。その中の一人と付き合いました。

精神

的に安定。毎日がなんとなく幸せに

ひとりでいると、考えすぎてしまって気分が沈むことがありました。

だからといって友人に言うのは重すぎるし、家族に言って心配をかけたくもないという感じです。

でも、気の合う彼氏ができてからはそのようなことが少なくなりました。

落ち込みすぎる前に励ましてくれたり、褒めてくれたり、とにかくたくさんの癒しをくれたからです。

一緒に美味しいものを食べたり旅行にいくのもいいストレス解消になりました。

仕事は嫌いなままでしたが、土日に会えるし頑張ろう、という気持ちになり、毎日に張り合いがでました。

まわりにも笑顔が増え、やわらかい雰囲気になったねと言われることが多くなったように感じます。

心から大好きな彼氏ができると、環境も良くなるのだなと思いました

関連記事

辛い恋を忘れたい!義兄を忘れるために自分磨きを頑張って彼氏を作った!

恋愛経験が少ない私が、サークル活動を通して初めての彼氏ができた

合コンの先の先に彼が。いろいろ経験してきたからこその出会い。

アメリカ留学で出会った彼。海を見ながら告白をされた結末

自分には、何も無いと思っていた私が、今彼氏ができて、こうなっていた。

王道の手段!紹介で、私が20歳にして初めての恋を知るまで