あまり恋愛に興味を強く示すタイプではなかった私が、恋愛したい思った理由は。

はなさん

はなさん
年代:20代
地域:千葉県

無理をして彼氏を作る必要がない

自分から出会いの場に行こうとしなかったことだと思います。

自分から出会いを求める女性に対して、どこか下品だと思っているところがありました。

そこまで無理をして彼氏を作る必要がないかなとも感じていました。

もともと趣味などの自分の時間を大切にしたいと思っているタイプの人間でしたし、

彼氏とのデートなどで時間を取られるのが嫌だなと思っていました。

そのような性格だったため、大学時代などはモテるタイプの女子とは距離がありました。

そのため、どうやって出会えば良いのかという知識すらあまり持っていなかったです。

また、勝気な性格なことも要因の一つでした。

サークルなどのコミュニティでも、はっきりと自分の意見を言うため、

女性として見てもらえていなかったと思います。

結婚に憧れの気持ちを強く抱いた

大学1年の時に彼氏ができて、1年ほど付き合っていましたが、それ以降彼氏ができませんでした。

しかし社会人になって、結婚する友達がちらほらと出始めました。

また、職場の先輩たちも次々と結婚していき、結婚式に出席することが多くなりました。

単純に結婚するみんなは幸せそうで、憧れの気持ちを強く抱いたのがきっかけだと思います。

もともと結婚願望は無いわけではなかったですし、子供が欲しいという気持ちも強くありました。

周りの人たちの結婚によって、自分もそういう年代なんだなと自覚したのだと思います。

結婚するなら若いうちに綺麗な姿でドレスが期待と思いました。

適齢期と言うこともあり、結婚したいならそろそろきちんと彼氏を作らなければという焦りの気持ちも生まれました。

あまり恋愛に興味を強く示すタイプではなかった

出会いの場に誘ってもらえることも少ない人間でした。

そのため、まずは周りの友達に「私も彼氏が欲しい」ときちんと言うことから始めました。

からかわれるかなと思っていたのですが、自意識過剰だったようで、

普通に合コンに呼んでもらえるようになりました。

彼氏が欲しいというのは下品でもなんでもなく、この年代の女性にとっては普通なんだなと思いました。

初めて合コンに参加することになったのですが、

想像していたよりも普通の飲み会ですぐに場に馴染むことができたと思います。

当たりはずれはもちろんありましたが、何度か合コンを重ねるうちに良い人と出会うことができました。

自然と付き合う流れになり、彼氏ができました。

2人の時間をとても楽しむことができた

大学時代に全く遊んでいなかったこともあり、デートなどはぎこちなかったです。

でも、彼氏が年上だったこともあり、2人の時間をとても楽しむことができました。

彼氏ができるまでは、仕事の日も休みの日もそんなに変わらないと思っていたのですが、

彼と会える休日を楽しみに平日の仕事を頑張れるようになりました。

また、流行のスポットなどの特集も全く興味がなかったのですが、

注意して見るようになりました。

テレビでやっていた場所に彼氏と行って写真を撮ったりすることは素直に楽しかったです。

また、彼氏ができると自分の時間が減ってしまうとも思っていましたが、

自分の希望をきちんと相手に伝えることで両立できるものだと分かりました。

カップルとは言っても束縛し合う関係ではないですし、

お互いに尊重できる関係性はとても安心感があって心地よいです。”

関連記事

ついに彼氏が!付き合ってみたら…1か月終わるSNSで出会う恋。

人生バラ色!新しい彼氏ができて毎日が楽しく前向きになりました。

【運命の出会い】地味な青春時代の後に手に入れた初めての彼氏

恋って大切!相手は私に色んな事を教えてくれて導いてくれた人でした

【目指せリア充】空想の世界から現実の世界への切り替えで心も豊かに。

無駄な経験はない!すべては自分に一番合った人に出会うためである!