寄り添える人がいなければ弱くなる。コミュニケーションの大切さ

はむさん

はむさん
年代:20代
地域:石川県

漠然と自分にはできないと。

その頃は生活が変わってやっと落ち着きを持てるようになり、女友達以外の男友達というもので周りにいた人たちを誰一人恋人という対象で見ることが出来ていませんでした。

そして、言葉であの人のことがきになるかもしれないなんて話のネタ程度に考えていていざ本当に付き合うことになるとするならば自分なんかじゃつり合わないよ、こんな奴に付き合ってくれる物好きなんていないと自分から恋人という存在を否定していました。

その時は男性も女性と同じように友人でしか考えることはできず、自分から積極的に恋人を作りたい作ろうと行動も全くしていませんでした。

自分には家族がいて、家に帰れば兄妹がいて、それで自分の世界というものが完成していたのです。

友人が羨ましくて。

やっと自分の生活にも慣れてきた頃に女友達の一人がその当時仲の良かった男友達に告白される、そして付き合うことになるということを目の当たりにしました。

彼女も彼氏を作るとかあの人のことが好きなんだとか全く言っていなかったから余計に驚き、そして羨ましく感じたのです。

今までは自分の周りでは完成された人間関係に恋人という存在は全くいませんでした。

血の繋がった家族以外にそんなに親しく思えて、互いの事を思い合えるような仲が眩しくて小さな羨望になったことは確かです。

そして、どうしようもなく誰かに頼りたいと家族の中の一人や友人の中の一人ではなくて誰かの特別になってみたいと思って考えてしまったことが恋人が欲しいと思う一番の理由だったのだと思います。

作り上げたコミュニティ。

彼氏が欲しいと思った後に自分の新しい生活で作りあげてきたコミュニティに感謝しました。

そこではこれまでの生活以上に多くの人や趣味を共有できる人たちとの交流がありました。ずっと隠してきた趣味に好きなこと、好きなものを言い合って話したり、ちょっとだけ寄り添ってみたりしても違和感があまり感じられない環境というのは彼氏を探すのには持ってこいでした。

そこで初めて自分だけではどうしようもない問題が起きた時にはちょっとだけ甘えてみたりもしました。

それを受け入れて苦痛に感じさせない人や甘えることが苦しく感じる自分自身があまり苦しまずに甘えてみることができる人と少しずつより分けて好きになれそうな人を探していきました。

呪縛を解き放つ。

正直に彼氏を作るまでは自分自身はこうしなければいけないからこうする、こうあらなければならないからこういう行動をとりこんな言葉を話すと呪縛のように思っていた多くのことから解き放たれたように感じました。

愚痴を言うことは悪いことではないとか辛い苦しいと感じる時に無理に笑ったりしなくてもいいとか自分の怖いことは怖いと伝えていいとか多くのことを教わりました。

それは自分の中に溜め込んでしまって対処の仕方が分からなかったストレスと向き合うことにもなりました。品行方正ではなくなったことで周りにはかなり心配もかけましたがそっちの方が余程人間味があると言われるようにもなり友人との関係もより良いものへと変化もありました。

人に寄り添っていなければ自分が弱いのだと知ったのも彼氏が出来てからで過去の柵を解き放つには充分な出来事です。

関連記事

自由でも孤独になる。愛じゃないと埋められないものとは。

寂しさからの脱出!私が彼氏を見つけるまでの道のり。

失恋を引きずっていた私があの時、彼に出会っなかったら今の自分はない。

彼氏が欲しい!ボランティアを通して運命の出会い。

彼氏いない=年齢の私に突然訪れてきた春の知らせ。

恋愛に慎重な私の迷走?男性恐怖症が幸せな恋をみつけた!