まるでドラマのような…主治医と患者の出会い.

ハイジさん

ハイジさん
年代:40代
奈良県

付き合う人は結婚を考えられる人

私は中学生の頃から、付き合う人は結婚まで考えられる人しか無理だという変なこだわりを持っていました。

同級生から告白されることもありましたが、軽い気持ちで付き合うことができない私は、その後も彼氏はできませんでした。

中2の時に出会った塾の先生に本気で片想いをしましたが、年上の先生に想いを伝えることが出来ずに、淡い恋は中学卒業と共に消えていきました。

高校に入ってからも同級生から告白されることはありましたが、自分がたまらないほど好きになった相手としか付き合う気になれなかった私は、結局高校3年生まで彼氏ができずに過ごすことになったのです。

そんな自分の過去に少し後悔しています。

恋人とデートしたりイベントを楽しむことへの憧れ

中高生にもなると、同級生同士で付き合い始める子達が出てきます。

そんな姿を間近で見ていると、楽しそうで幸せそうで、付き合うということへの憧れが自分の中で大きくなっていきました。

高校生にもなると、女友達とのトークはしょっちゅう恋話になってきて、彼氏ができたら…の妄想トークに花を咲かせ、ますます彼氏が欲しくなりました。

同じ学校内で彼氏を作ったら、登下校も一緒にできるし、それが一種のステータスのようにもなっていました。

女友達と過ごす時間とはまた全然違った時間が過ごせるのだろうという興味でいっぱいでした。

女として求められたいという大人な気持ちも彼氏が欲しいと思った理由の一つだと思います。

出会いは縁のもの

私の場合、特に彼氏を探そうと思って積極的に動いたりしたことはありません。

学生時代は、他の学校の学祭やサークルに参加して恋人との出会いを求めに行く人も多いですが、私にはそういうのが面倒くさく感じました。

素敵だなとか、好きになったかもというような人はしょっちゅういたので、片想いを楽しんでいるようなタイプだったと思います。

たまたま、入院中に好きになってしまった主治医の先生に、退院後に送ったお礼の手紙がきっかけで思いがけずお誘いを受けて遊びに行くことになり、そのままお付き合いする形になりました。

やはりダメもとで行動を起こすことは大事だなと、自らの経験を踏まえて、当たって砕けろ精神に賛同することになりました。

人生薔薇色

高校3年生にして初めて彼ができました。

しかも一回りほど年上の彼氏です。

今まで夢見てきた日々がスタートしたのかと思うと、人生がまるで薔薇色のようで毎日生きていることが楽しくて仕方ない気持ちでした。

デートは月に2回ほどでしたが、家族との予定よりも友達との約束よりも、デートが最優先!というのめり込みようで、恋愛を満喫していました。

少々の嫌なことなんて簡単にこなせるくらいの力が湧くほど、恋愛から得られるパワーは大きなものでした。

ただ、のめり込み過ぎて、家族との時間を後回しにし過ぎた過去に後悔することはあります。

初めての恋愛だったので仕方ないのかもしれないですが、もう少しバランス良く恋愛できれば良かったと思っています。

関連記事

彼氏を作るには、まずは自分から変わろうと色々試してみた。

【人生バラ色】彼氏ができて生活充実ですよやったねって感じの日常です。

ついにできた!わたしにも彼氏ができる日がくるだなんて思ってもいませんでした!

一目惚れって本当にあった!私が結婚相手を見つけるまで。

【恋のチカラ彼氏ができてハッピーな日常と生活になりました!!

忙しさのあまりに、マンネリ化していた生活がいつの間にか・・。