【マル秘】社内恋愛で年上の彼氏ができるまで。

えっちゃん

えっちゃん
年代:40代
地域:茨城県

【新卒で入社時に、前の彼氏と別れたばかりだった】

私は2年間の専門学校卒業時に、ちょうど前の彼氏と別れたばありで、彼氏がいない状態でした。

前の彼氏は飲料メーカーに勤務するさわやかな社会人でしたが、1年ほど付き合ううちにあまり優しくないな…と感じることが増え、気持ちが冷めていってしまいました。

また、私への愛情もあまり感じられず、彼のほうも私と継続して付き合う気持ちがあるのか疑問でした。

そうして、自然消滅のような形で別れてしまったのでした。

その彼氏への未練は全くなく、むしろよく1年も付き合っていたなと我ながら感心するほどでした。

彼氏と別れてから、自分の自由にできる時間が増え、とても充実した日々を送ることができ、本当に別れて良かった!と再確認したほどです。

【正社員で働き始めてまた彼氏が欲しくなった】

そんな彼氏がいない状態で正社員として働き始めた私ですが、仕事に慣れてくると「そろそろ彼氏が欲しいな」と感じるようになりました。

同期入社の女子社員が8名ほどいたのですが、半数ほどは彼氏がおり、休憩時間などは自然と彼氏とのデートの話で盛り上がり、羨ましく感じ始めたのです。

また、仕事はほとんど残業がなくて5時に退社できたので、その後の時間を持て余し気味になりもったいないなと思いました。

土日の過ごし方も、やはり彼氏がいるのといないのとでは大違いで、家でうだうだして休日が終わってしまうととても虚しく感じたのでした。

やはりせっかくの20代前半、彼氏とたくさんデートして過ごしたいなと心底思うようになりました。

【ちょっといいなと思っていた先輩社員と良い感じに】

そんな日々を過ごしていたある日、若手社員数名でキャンプに行こうという話が持ち上がり、私も参加することになりました。

私が勤務していたのはとある地方都市でしたが、そのキャンプには東京本社の営業マンも数名参加するとのことで、期待が膨らみました。

キャンプ当日参加した営業マンの中に「いいな」と思う人がいたのです。

決してかっこよくはなく背も低くて7歳も年上だったのですが、なぜか分からないけれど彼のことが気になって仕方なかったのです。

彼の方も私が気に入ったようで、そのキャンプと通じてたくさん話をして仲良くなることができました。

その後、数回の交流を経て自然な流れでお付き合いすることとなりました。

【休日の過ごし方が劇的に変わった】

その彼は東京近郊の地方都市に一人暮らしをしており、私は自然と土日を彼の部屋で過ごすようになりました。

生活は一変し、金曜の仕事を終えると家で支度をし、彼のところへ向かいます。

彼の部屋を拠点として主に東京で遊ぶ日々を過ごしました。

今まで東京なんて年に一度行けばいいほうだったので、とても新鮮で楽しい日々でした。

おしゃれなお店も何度も行き、常連になったお店もたくさんあります。

美容室も彼の紹介で銀座の美容室に通うようになり、気分はすっかり東京通です。

この彼とは5年間お付き合いをし、その間本当に刺激的な楽しい毎日を過ごすことができ、いい思い出です。

東京の街でたくさん遊んだことが一番の思い出というのは少し寂しい気もしますが…。

関連記事

SNSのゲーム相手から彼氏になった!SNSからの出会いも私にとってはアリかな。

自分の好みをよく知った友達からの紹介には乗ってみましょう!

【運命の糸】会うべくして出会ったのであろう

女子大学でも出会いがある?合コンはプライドが許さない

職場恋愛の人が幸せを感じる瞬間

楽しいことを共有できる人を探す!彼氏ができてはじめて本当の人生が始まった。