今、幸せです!彼氏という存在ができることで成長できたこと。

えりぽんさん

えりぽんさん
年代:20代
地域:愛知県

女子クラスで彼氏持ちがいないという悲劇

中学を卒業して高校生になったばかりで、新しい環境に馴染むことに一生懸命だったのと、クラスに男子が一人もいなかったので出会いがなかったです。

同じ高校に男子の割合が多い科もあったのですが、入学してすぐはイベントなどもなくてまったく交流がありませんでした。

クラスメイトと仲良くなるにつれて、彼氏がいる子がいない事実が分かったのも大きかったと思います。

誰にも彼氏がいなかったので張り合うことも切羽詰まる必要もなく、同じクラスになれた子と仲良くなることを優先してしまいました。

部活動も他の科の子がいない部活動に入ってしまったので、出会いからどんどん遠ざかる生活をしていたのがいけなかったと思います。

知らぬ間に彼氏持ちが増え始める悲劇

特に彼氏がいますぐほしいという欲求もなく、高校に入ってできた友達と関係性を深めることが楽しかったのでしばらく周りの状況をしっかりと把握できていなかったように思います。

たまに部活で他の科の男の子と接する機会のある子たちが男の子たちの話をしていてやっぱりタメの男の子たちは子供っぽいと話すことはありました。

でもGWにクラスメイトと初めて遠出をして遊んでいた間に一緒に遊びに行かなかった子たちが男の子と付き合い始め、私たちには内緒で彼氏と遊んでいた事実を後から知りました。

一緒に遊びに行った子の中には内緒で行かなくてもいいのにと拗ねていた子もいました。

入学してまだ1か月ほどで早いなと思いながらも、私にはまだ出会いもないのに!と内心とても焦りました。

彼氏は欲しいけどタメは嫌

私は何の出会いもなく行動も起こしていない間にクラスの子たちに彼氏ができていく様子を見ていて、正直この流れについていかないとマズいかなと思いつつも同じ学年の男の子はやっぱり子供っぽいなと感じていたので年上の人がいいなと思っていました。

でも学校生活を送っているだけではまったく男の先輩と関わる機会などありませんでした。

そんな時、中学時代にパソコンの授業のタイピングを練習するという課題で始めたチャットサイトでその話をしたらいつものメンバーみんなが彼氏に立候補すると言い出しました。

もちろんからかわれていることはわかっていたのでその時は笑って流したのですが、そのチャットメンバーの一人が””俺は冗談じゃないからね””とメッセージを送ってきました。

その方とは出会って2年ほど経っていたのですが2人でチャットすることはなかったので、メッセージをきっかけに2人でチャットするようになってしばらく経ったあとメールするようになりました。

趣味などが一緒だったのでよく話をしていましたが、個人的なことはお互いに知らない部分が多かったので年上とは知っていましたが10歳上と聞いたときは驚きました。

でもお互いのことを細かく知っても嫌だなと感じることがなかったので、まずは友人として一緒に映画を見に行くところから始めました。

実際に会ったときも違和感がなかったので初めて会ったのに初めての気がしないねと2人で笑うことができました。

その後、お付き合いが始まりました。

クラスの子が彼氏の話しかしない理由が理解でき、ちょっとだけ大人になったような気がした

GW後からクラスの子たちに彼氏ができはじめ、彼氏ができてキラキラしている子たちを眺めていいなぁと思っていました。

ですが、彼氏持ちの子たちは

“”彼氏とデートに行った””とか””彼氏にこんなこと言われた””とか

“”彼氏が他の女子と仲良くしてた””など彼氏との話しかしなくなりました。

彼氏持ちでない身としてはとても居心地が悪かったし、そんなこと聞いてないのにと苛ついてしまうこともありました。

でも自分にも彼氏ができて初めて彼氏のことを知ってほしいとかこんなバカなことあったんだよとか、友達に聞いてほしいと思いました。

友達も大事だからこそ大事な彼氏のことも知ってほしいんだなとちょっとだけ大人になれた気がします。

関連記事

忙しさのあまりに、マンネリ化していた生活がいつの間にか・・。

彼氏を作るには、まずは自分から変わろうと色々試してみた。

私を救ってくれた彼。どん底の恋愛から抜け出し、運命的な出会いをするまで

人生二人目の彼氏ができて楽しく学生時代を終えた

さよならと告げたはずなのに。もう一度出逢ってしまった運命のいたずら・・・。

これが人生バラ色ってこと?ちょっと漫画みたいだけど実際にあった話