大切な人が「そばに」居ることは、オタクでは味わえない喜び

えーるさん

えーるさん
年代:20代
地域:千葉県

根っからの非・恋愛体質

容姿や性格など、彼氏がいなかった理由として思い当たることはたくさんあるのですが、一番の理由は自分自身が恋人という存在に対してあまり興味がなかったことだと思います。

好きな人が出来ることはあっても「こんなに素敵な人が私に振り向くわけがない」と諦め、ろくにアプローチもせず延々と想いを寄せるだけ、というのがお決まりのパターンです。

男性のほうから告白をして頂いてお付き合いしたことも何度かあるのですがどなたも長続きせず、「私に恋愛は向いていないんだな」という思いは強まっていく一方でした。

更に、恋愛への意欲を減退させる大きな問題の一つは、私自身がオタクであることです。

これは「オタクあるある」ですが、強い想いを寄せる何かがあると、恋愛なんてどうでもよくなってしまうのです。

自分に自信が持てないオタクの私は、根っからの非・恋愛体質なのでした。

推しが消えたら、不安になった

オタクの私は推しを追いかけることで心の充足を得ていたので、恋愛をしていなくても毎日がとても幸せなものでした。ただそれも「推し」が居てこそです。

そんな中、ある日突然、推しが芸能界から引退してしまったのです。まさに青天の霹靂。

生活の中心だった推しが居なくなったことによって真っ先に自分に襲い掛かったのは、心の支えがいないことへの不安でした。

推しは常に居るわけではないという当たり前の現実を思い知った私は、居なくなってしまわない、確かな心の支えが欲しいと思うようになりました。

とはいえ何から始めていいのかもわからなかったので、「遠くの人より近くの人だ!」と短絡的な考えでひたすら友人と飲み歩きました。
その中で何人かの男性と知り合ったのですが、彼らはみんな気の良い人ばかり。

そうして男性と出会うことに楽しみを覚えたあたりから、恋愛を意識するようになりました。

まずはお友達から、が自分には合っていた

友人とひたすら飲み歩くようになり、何人かの男性と知り合いました。

知り合うきっかけはありがちなもので、たまたま隣のテーブルで飲んでいた人と仲良くなったというパターンです。

意気投合して連絡先を交換し、何度か飲み会を重ね、あっという間に仲良しグループとなりました。

男性と出会い恋愛を意識するようにはなったものの、長年非・恋愛体質を拗らせていた為か「男の人だ!」という意識はあまりなく、「新しい飲み友達だ!」というノリで彼らと食事をしていました。

きっとそれは男性側も同じ気持ちだったように思います。

何度も飲み会を重ねていくと、仲良しグループの中でも妙に波長の合う人が居ることに気付きました。

それが今の彼なのですが、今思えば、お互いが恋愛を意識しないフラットな友人関係だったからこそ、本当に気の合う相手を見つけることが出来たのかなと思います。

毎日を豊かにしてくれる人

自分を支えてくれる誰かがいるということはこれほどにも精神的な安定に繋がるのだなと驚きました。

疲れたときには肩を貸してくれたり、私のちょっとした変化に気付いて声をかけてくれたり…

当たり前ですが、推しはこんな支え方はしてくれないので、彼氏という存在の偉大さを痛感しています。

友人からは「表情が明るくなった」と言われることが増えました。自分ではあまり意識していないのですが、女性ホルモンなんかが影響しているのかもしれませんね。

生活面の変化としては、イベントごとに敏感になったことが大きな変化の一つです。

独り身の頃はオタク活動が中心だったので、バレンタインもクリスマスも、推しの仕事がないならば私にとっては意味のないただの一日でした。

ですが、今の彼と出会って初めてのバレンタインに「しきたりだから…」と半ば義務感と共にチョコレートをあげたところ、とても喜んでくれたんです。

その時の嬉しそうな彼の顔が忘れられず、こうしたイベントごとも悪くないなと楽しめるようになりました。

精神的な安定も、イベントを楽しむことも、大切な人がそばに居てこそのこと。日々を豊かにしてくれる彼には心から感謝しています。

関連記事

自信を持つのは成功した時です。努力すれば誰にだって出来ます。

【授かり婚】あの日思いがけず訪れた、夫との運命の出会い!

あきらめずに婚活パーティーに通い、出会えた奇跡

大切な時間を過ごした友達の彼が、私の彼氏になりました

落ちている時に同級生と再会。まぁいっかで付き合ってみたら、、。

【体験談】元カレが結婚?失恋を乗り越えて、新しい恋へと急発進!