恋を恋だと認識できる経験値を私は積み上げてこなかった

どんどんやまさん

どんどんやまさん
年代:30代
地域:群馬県

憧れてはいたけれど

ずっと結婚に憧れていて、いつかは彼氏ができるのだと思っていました。

でもどうやって恋をしたらいいのか、なにをどうすれば彼氏ができるのかが全く頭になかったのです。

当たり前のようにみんな時期がくれば彼氏というものができるのだと思っていたのです。

今にして思えば努力もせず待っているだけでした。

しかし、当時はその努力の仕方も分からなかった状態で、恋に恋するとはまさにその状態でした。

深層心理に、どうせ私なんかという思いがあったのかもしれません。

びっくりするほど自己評価が低く、自分の価値を他人の態度や評価で決めていたように思います。

そうなると、自分からは動けず、相手の出方ばかりをみてしまい疲れてしまうのです。

そんなことでは彼氏なんてできるわけなかったのです。

純粋な欲

仕事で忙しく、疲弊していました。

疲れていると、どんどん欲求が研ぎ澄まされてきて、本当に欲しいものが見えてくるのです。

私の場合、幸せになりたい、でした。

幸せになりたい、ではどのように幸せになりたいかを考えました。

大事にされたい、という気持ちがありました。

私をまるごと包んでくれる優しさが欲しいと思いました。

親のそれとは違う、私だけを見てくれる人を求めていました。

幸せは人によって様々な形をしているけれど、その時の私にとっては自分を愛してくれる人でした。

周りにも影響を受けていたように思います。

アラサーでしたので、この年で彼氏が居ないとはなかなか言えず、恥ずかしかったのです。

誰でもいいから、なんていい加減な気持ちも少しあったと思います。

結婚相談所は最後の砦なんかじゃない

私はネットで結婚相談所や結婚情報サービスの資料請求を片っ端からやりました。

りの女友達の反応は、まだいいんじゃない?とやや引き気味でした。

そういうのは35才を過ぎてからでいいのではないか、ということでした。

飲み会、合コン、友達からの紹介もあるし焦っているのではと言われることもありました。

しかし、私はそうは思いません。

友達からの紹介は質の悪い結婚相談所と同じです。

合コンは質の悪い婚活パーティーと同じです。

それならばお金を払って質の良い方をとりたかったのです。

それに、年代が上がれば逆に結婚相談所などのほうが相手が見つかる機会が少なくなるのです。

どうしても、最初は年齢などプロフィールで判断されてしまいます。

結婚相談所を利用するなら少しでも若いほうが良かったのです。

思い合い、支え合う

最初はプロフィール上での出逢いでしたが、すぐにそんなことは気にならなくなりました。

何回か合ううちに、まずこの人の笑顔をまもりたいと思うようになりました。

そしてどんどん、自分の中にあった気持ちや考えが変わっていくのが分かりました。

愛されたい、私だけを見て欲しいという自分勝手な思いがなくなっていったのです。

かわりに助けになりたい、守りたいという気持ちが増えていきました。

おそらく、満たされたことで相手を思いやる余裕ができたのだと思います。

彼の愛で、私はいろいろ勉強しているのだと思います。

いままで自分勝手な気持ちしかなかった私の心に、相手を思いやる気持ちが育っていくようです。

それは、自分を愛することにも繋がっていくように感じます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心の支えとなり世界を広げてくれた彼氏との出会い

【ドキドキ指数が急上】私に彼氏ができるまでのみちのり。

理想が高すぎて彼氏ができなかった私が、理想とは違う彼氏と付き合った結果は、、

同僚の彼氏と別れたばかり!まさかのある合コンでの出会いとは?

20代で初めてできた彼氏でこんなに変わってしまった私の恋バナ!

オタク集団から、仕事が出来るイケメン集団の中へ