幸をつかむ!消極的な自分から抜け出したことで彼氏ができました。

チョッピーさん

チョッピーさん
年代:20代
地域:
新潟県

出会いに消極的でした

男性との出会いに興味がなかったわけではありませんでしたが、

自分から動こうという気持ちはまったくありませんでした。

当時働いていた職場は男性は多かったものの、素敵だなと思った人は既婚者だったり、フリーの人はさすがにちょっと無理という人ばかりで実質出会いはありませんでした。

それでも同僚の女性社員は合コンなどにも積極的に参加して外に出会いを求めていましたが、

私は仕事が忙しいということを言い訳にして誘われても断っていました。

正直なところ、わざわざ新しい出会いを求めて自分から動くということが非常に面倒だと感じていたのと、

出会いは運命的なものだと信じている現実逃避が原因でした。

いずれ自然と彼氏は出来るだろうと漠然と考えていた時期でした。

誰も私にかまってくれない

完全に自然な出会い待ちの状態が社会人になって4年も過ぎました。

その間は女友達や同僚と女同士で旅行にいったり、女子会を開いたりと楽しくやっていました。

「彼氏なんかいらない」を合言葉にお酒を飲んでいた時期は良かったのですが、

25歳を超えたあたりから少しずつ周りの友達が結婚していきました。

その流れの中、未婚の友達もなんだかそわそわしだして、

女同士の集まりよりも合コンや街コンなどの出会いを求めたイベントに時間を割くようになってきました。

わたしは相変わらず自分から動く気はなかったのでそのままでしたが、

少し取り残された感があって寂しくなってきました。

そして結婚した友達が子どもを産みだすときままな独身の私とは時間も話題も合わなくなってきて

気がつけば一人ぼっちとなり、私も彼氏が欲しいと思うようになりました。

同窓会での再会

少しは自分から動こうと思い、友達が合コンを開く時には参加させてもらうようにしました。

最初はリハビリ程度の気楽な気持ちで参加してましたが、

初対面の人と盛り上がるのは思った以上に難しくこれは前途多難だなと思っていました。

ちょうどそのころ偶然、高校時代の友人が地元に帰ってくることになったといことでちょっとした同窓会が開かれました。

今までは面倒でそういった集まりもあまり大切にしていませんでしたが、

今回はちゃんと参加しようと考え。少し服装にも気を遣って出席しました。

そこで出会った(正確には再会ですが)のが今の彼氏です。

高校の時はほとんど話したことがなく、印象は残っていなかったのですが、

この同窓会で席が隣になったので喋ってみるととても話上手で面白い人だと気がつきました。

自分でも驚くくらいに会話は盛り上がったのでその流れてLINEを交換してその日は別れました。

後日彼から連絡があり、二人で食事に行くことになり、

その時も楽しい時間を過ごせました。その後三回目のデートの時に彼から告白されて付き合うこととなりました。

充実感で明るい性格になりました

精神的にすごく充実するようになったので、仕事でも頑張ることができるようになりました。

今までは仕事に打ち込んではいたものの、他にやることがなく漫然と働いていた感があったのですが、

今はプライベートが充実しているのでオンとオフの切り替えも上手くいくようになりメリハリをつけて仕事が出来ています。

もちろん彼との仲も順調で、お互いの休みを合わせてお出かけをしています。

一人の時は休日などは一歩も外にでないということも珍しくありませんでしたが、

デートがありますし、彼との約束がない日でも自分磨きをしたいという願望が強くなり、

外に出て習い事をしています。

友人からも以前より明るくなったと言われるので我ながら単純なくらいに性格が前向きになったなと思います。

関連記事

何でも相談できる高校時代からの親友同士が大人になって恋人同士に!

今は毎日が充実している!元カレと別れて引きずっていた時の出会いでした。

キスってどんなかんじなの?妄想女子高生が大学デビューするまで

彼氏ができて世界が変わる!インターネット上の出会い及び長い長い遠距離恋愛

根暗の人見知りが、結婚を目標に彼氏を探し始めた話

合コンもお見合いも嫌といっていた私の隣には・・・