【婚活を通して】自然体の自分で居られることが大切だとゆうこと

colonさん

colonさん
年代:30代
大阪府

自分を好きになり、明るく振る舞えるようになりたい

20代後半に入り、長年付き合っていた彼と分かれ、失恋からなかなか心癒えることなく、合コンに行っても、「彼の方がよかった」と比べてしまうばかりでした。

また、自分に自信がなく、「私はこんなんだから新しい彼もできない」とマイナスに考えてばかりで、自分自身を楽しむこともできておらず、合コンで持てる友達や、彼氏がすぐにできなくても異性の受けがいい女性のことが眩しく、羨ましく感じていました。

初対面の人と話すことも苦手であったため、合コンでは場の雰囲気を盛り上げることもなく、ひたすらご飯を食べ、話している人の話を聞くといったような過ごし方をしていることが多かったです。

少しでも若くキレイなお母さんになりたい

もともと結婚願望が強かった私であったので、結婚を約束していた彼と別れたショックは大きく自分に自信がなくなっていました。

結婚が早く出産し子育てをしている友人と会った時に、子どもと楽しそうに過ごしている姿を見たり、母として大人で家庭を支えているような姿をみて憧れを感じ、自分も早くそうなりたいと感じたからです。

「稼いだお給料を、自分自身にたっぷり使えるし、旅行や遠出ができたり、自分が欲しい物を買えることが羨ましい」と言われることも度々ありましたが、私にとっては、自分の子ども・家庭が早く欲しいというものには変える事はできませんでした。

そう思い、早く結婚相手を見つけたいと思いました。

婚活をしてやっと出会えた彼

職場では、異性と出会える機会がないため、知人が誘ってくれた合コンに参加したり、婚活仲間と一緒に婚活パーティーに参加したりしていました。

婚活は、本気になればなるほど、相手が見つからない時のショックも大きく、根気よく続けていくのが難しいです。

婚活を続けていく中で、自分を好きになることで明るく話上手にもなり、相手にもよい印象を与えるといったことに気づき、婚活でカップル成立をしたり、関係が続けられるといったことが増えました。

一人で婚活に行く機会も増え、個室での婚活パーティに参加するようになり、その時に年齢幅が少なく結婚に前向きなものを選んで行くようになってから、彼氏もできました。

自然体の自分で居られることが大切

趣味や価値観の合う彼と付き合えるようになったことで、あっている時はいつも気を使いすぎることなく、自分自身が自然体で居られることに気づきました。

婚活中は、正直、結婚できなかったらどうしようという思いや、結婚式に呼ばれて幸せのおすそ分けをしてもらっても、どこか寂しさを感じる事はありましたが、結婚を前提として彼と付き合えるようになってからは、人の幸せを心から祝福できる、心のゆとりが出来ました。

心のゆとりが出来ると、仕事中も同僚への接し方が優しくなったり、悩んでいる同僚には親身に向き合う事ができたりと、人としての器が広くなったと感じます。

そうなったことで、周りからも優しくしてもらえたり、何か合った時に気にかけてもらえるようになったと感じています。

関連記事

看護学校・女子寮という女子の世界から飛び出して彼氏を見つけました!

【別れは出会いのチャンス】最悪な別れから一転!今も続く素敵な出会いに感謝。

【同性愛者】女の子同士のなにがいけない?でも知らぬ間にひとりぼっち

【ドキドキ指数が急上】私に彼氏ができるまでのみちのり。

婚活で、初恋を忘れられない私が、大好きな彼と出会えた話

出会いは近くにある!昔の同級生と再会して恋人同士になりました!