一番信頼していた友達から一番大好きな人になった瞬間

ぼぼちゃん

ぼぼちゃん
年代:20代
地域:愛知県

自分に自信が無い

もともと恋愛に興味はなかったがそもそも自分に自信がなく、お洒落をしたくてもセンスがないし顔もよくないためオシャレばえせず自分には無理だと諦めていた。

周りの友達は彼氏持ちの子ばかりだったが、幸せな話を聞くだけでそれで良かったし、自分には無理だな、と強く思っていた。

また外見だけでなく内面も嫌いだったため、こんな私のことを好きになってくれる人なんて絶対この世の中にいないと思っていたため、彼氏なんて作りもしなかったし、つくろうともおもわなかった。

自分に自信がないなら雑誌やコスメを勉強して自分磨きをすればいいとも思ったが、実際そんな簡単には変わらないだろうから、やる前から諦めてそのときのじぶんのままでいた。

好きな人ができた

彼氏が欲しい、というより好きな人ができたからその人と一緒にいたいという気持ちが芽生えた。

大学の時に入ってた軽音楽部で始め、初対面とは思えないくらい仲良くなった一人の男の子がいて、その子は話せば話す度打ち解けあって、趣味もあって、波長も似てて、その事いるとすごく楽しかった。

でもそのときは、一番のともだち。

ともだちのすき。だった。

でもあるときそれが、ともだちじゃなくて一番の大切な人にかわった。

きっかけはその男の子にさそわれた映画を一緒に見に行くことになり、友達とは思えない雰囲気になった。

お互いそのとき気づいた。

これってともだちとかじゃないねって、友達じゃたりないよねって。

そこからお互い思ってる気持ちをはなした。

上記とかぶります

大学で出会った友達が今では恋人に。

大学の部活で出会った友達が今ではとなりにいます。

友達から始まる恋なんて絶対ないと思っていたけれどまさかそれが自分に当てはまってしまうなんて思ってもいなかった。

あのとき軽音楽部にはいっててよかったなと今改めて思う。

それ以前に、あのときあの大学に入学してよかったな、と大学がちがったら今の人と出会えなかったし今こうして幸せに暮らすこともなかったと思う。

自分に自信がなく、恋に衰えていた私だったけどあの人と出会ってすべてがかわった。

心から好きになってもらいたいし、あの人の一番になりたくてダイエットもがんばった。

今だから思う。ほんとにあの時努力してよかったと。

オシャレが楽しい

付き合ってからも自分磨きに取り組もうとする姿勢がしぜんとみについた。

幸せ太りも多少あるけれど体重もほぼほぼ、維持できているし、ショッピングにいって服を見たりアクセサリーをかったり、自分磨きをすることがほんとに楽しくなった。

今の自分で満足してはいけない。

今の彼氏さんにもっとわたしをみてほしい。

周りのかわいいおんなのこたちみたいにきらきらしたい。

付き合う前なんてこんな思いもしなかったろうに今では心から言える。

オシャレって楽しい。

自分磨きって楽しい。

人生がきらきらする。

人生いろいろあるけれど、私の人生はもっと輝かせていきたい。

満足する自分になりたい。

幸せって絶対逃げないし、たとえ逃げてもつかまえるもの。

いまの彼氏さんの目には私しかうつってない。

そんな魅力ある自分にうまれかわりたい!

関連記事

【運命の出会い】一緒にいてこんなに楽しいと思ったことは初めてだった!

恋愛対象と思わなかった彼との恋愛に、毎日がキラキラする!

彼氏ができると見える世界がキラキラしたものになる

ファッションセンスがなくあか抜けていなかった女

毎日がキラキラの幸せな日々に待っているだけじゃ、王子様はやってこない!

私の初恋が、いけない恋だと分かっているけど止まらない心