【結婚したい!】彼氏がいない期間から私が彼と出会うまで

azulさん

azulさん
年代:30代
地域:山口県

【彼氏のいない期間】

一言で言えば彼氏というものに疲れたからです。

かなり厳しい彼氏が多かったため、友達ともなかなか会えずそれがストレスになっていました。

彼氏ってなんなのかわかりませんでした。

付き合うって何かわからないといった感じです。

告白されたことはありましたが、その人を好きでもないし、一緒にいたいと思うことすらなかったので断っていました。

一人の時間を楽しんでみたいという気持ちもありました。

同性でも異性でも友達といたら楽しいし、どちらかというと同性で遊ぶ方が好きだったからです。

好きな人がいたりはしましたが、告白まではできずに遠くから見ているだけという感じでした。

それだけで充分だった部分もあります。

周りの子も彼氏がいない子が多かったし。

【彼氏がほしくなったワケ】

ストレートに言うと結婚願望がでてきたからです。

20代の間はリアルにかんがえられなかったものの、30代にはいると「このまま一人だったらどうしよう」という思いがでてきました。

付き合いが浅くても結婚できる人もいますが、私は一年は付き合う期間を設けてお互いを知りたかったので、それにはまず彼氏がいないと始まらないと思いました。

彼氏ができたから結婚できるとは限りませんが、結婚する相手として彼氏を探すのと好きな人と一緒にいるために付き合うのでは私にとっては全くの別物でした。

それまでは、ピンときたら付き合う、嫌なら別れたらいいという軽い考えだったのでこんなに彼氏をつくることに身構えたことはありませんでした。

【新しく出会うために】

私の場合は同窓会でした。彼氏がほしいなぁと思っていた時にちょうど同窓会がありそこで彼に出会いました。

すごいベタな出会いなので私にはないなと思っていた出会いでした。

久しぶりに会いましたが、実は彼の名前も思い出せず彼にそれをいって名前を聞いたら相手も覚えてないということでそこから話がはずみました。

学生の頃は同じクラスになったことも話したこともない人だったので初めて会う感じでした。

ただ真面目そうでぼーっとしている感じの地味人なのになぜか目にとまりました。

そこから仲良くなり連絡先を交換して、食事にいったり、遊びにいったりと頻繁に連絡をとって会うようになっていきました。

身近な所からの出会いだったので自分でも驚きました。

【生活スタイルが整った】

彼氏ができて、一人暮らしだったためよく家に来るようになりました。

なので1日中すっぴんとか、食事も手抜きはしなくなりました。

料理は好きなんですが食べてくれる人がいないとあまり作る気がしないタイプなのでよく家で手料理をするようになりました。

休みがあると家でダラダラ過ごすことが多かったのですが、彼が出掛けたり旅行が好きな人だったので休みになるといろんな所へいきました。

二人ともお酒が好きだったのでよく飲みにいったりもしました。

ダラダラ過ごすことが少なくなったせいか、活動的になったので体がダルいということも減り健康的になりました。

特に注意されたからではありませんが、友達と朝まで飲むとかいうこともなくなりました。
心配かけたらいけないなぁと思ったので。

関連記事

愛されることって素晴らしい!人は顔じゃないと学べた私の恋愛話。

今は毎日が充実している!元カレと別れて引きずっていた時の出会いでした。

【意外】彼を作る為に父が教えてくれた大切なこと

恋をして、心も体もゆとりのある幸せな気持ちになった。

【実話】高校2年生からの片思いがやっと実った時の話!

押してダメなら引いてみろ!追い続けて、やっと振り向かせた理想の人