無理しないでいい、自分をとりつくろわなくてもいい

あいさん

あいさん
年代:30代
地域:石川県

人間的な欠陥のせいかもしれない

人見知りが激しく、知らない人間としゃべるのが苦手で、仕事場でもコミュニケーションに難があった。

鬱のような傾向もあり、人間的に欠陥があったのではと思う。

自分が他人にあまり興味が無い人間だということも、年齢を重ねるにつれて分かってきた。

そのせいか他人が自分には悪い感情を持っているように思えたし、コミュニケーションも相変わらずうまく取れないままで、
ある程度の年齢になっても自分自身に自信がいつまでも持てず、どうしようもない人間だと思っていた。

適齢期でも婚活ができず、合コンのようなものに誘われても緊張するだけで大して行動できず、一人でさっさと帰ってしまったりなど空気も読めないところがあった。

職場の同僚の恋愛と結婚

席の近い同僚に彼氏ができ、たまたまだが二人一緒にいるときを見たときに、とても大事にされているのを見てとても羨ましかった。

その同僚は幸せに結婚し、自分も結婚式に呼ばれて本当に幸せそうな同僚を見て、自分のその時の状況と比べてしまった。

自分は友達もおらず、家族とは仲が悪くないがそんなに会話もせずで、寂しいと思う気持ちがどんどん強くなっていった。

家族とコミュニケーションをとる以外の、プライベートのやり取りがとても恋しくなってしまったのだと思う。

ストレートに彼氏が欲しいと思っていたかどうか、今考えるとよく分からないが、だれでも良いから異性と仲良くなりたくてマッチングサイトに登録したように思う。

ネット婚活(マッチングサイト)

普段の生活では独身の異性と知り合うことはほぼ皆無なので、家族は早く相手を見つけてほしくて習い事をしに外に出るよう言われていたが、私自身はいまいち気がのらなかった。

習い事をしたらお金もかかるし、習い事に入るのも辞めるのも、ストレスが非常にかかりそうだと思った。

それで何となくマッチングサイトの評判を調べて、自分がよさそうだと思ったところに登録した。

何人かとメールでやり取りをし、向こうから連絡が来なくなったり、こちらからお断りの連絡をしたりして、そのうちにとても話しやすい人とマッチングできた。

その人以外の人とのやり取りをやめ、その人とはサイト以外で連絡を取り合うようになり、付き合うようになった。

たぶん、良い方に自分は変わったんじゃないかと思う

お付き合いをしている人と一緒にいると、好きなものを好きな時に作って食べたり、好きなだけゴロゴロしたりと、気を張らないで過ごすことができるようだった。

だからか、たぶんよく笑うようになった。

彼氏限定でわがままも言うようになった。彼氏に抱き着くのがすごく幸せな事に気が付いた。

前は自分はいつも一人で、気を張って一人で生きていなかければならないんだと思っていたのに、今は自分は一人だが、彼氏の前では「良い自分」であろうと頑張り続けることはしなくてよく、無理しないで済むようになったんじゃないかと思う。

自分が良い人間になれたとは思わないが、良い方に変わったんじゃないだろうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気づいたらみんな彼氏持ち。私も趣味が合う彼氏に出会って良かった

【マル秘】社内恋愛で年上の彼氏ができるまで。

彼氏ができないと悩んでた私が結婚できた奇跡

1度は別れ、別れを受け入れようとした時に再開

【近くにある幸せ】失恋の相談をしていた彼とお付き合いすることになった話

彼氏が欲しい!心を開くと幸せがやってきた体験談